TOP > インタビュー 一覧



 ア ウトサイダー初戦となった5・8「THE OUTSIDER 第16戦」ではビッグバン・シバターのリングネームで参戦。続く7・17「第17戦」ではシバター・ウォーリアーのリングネームで登場したシバター。ラリ アット、モンゴリアンチョップといったプロレス技で会場を沸かせ、もはやアウトサイダーの人気選手だ。謎に満ちたシバターとは一体何者!?(2011年 11月11日UP)

PROFILE
ザ・シバター・テイカー
1985年10月18日、神奈川県横浜市出身
2011年5月8日、「THE OUTSIDER 第16戦」でアウトサイダー初参戦。ビッグバン・シバターのリングネームで参戦するも、菱沼郷に一本負け
2011年7月17日、「THE OUTSIDER 第17戦」ではシバター・ウォーリアーのリングネームで登場し、“池袋最強カラーギャング フローレンス13特攻隊長”LARGOから1RTKO勝ち
身長180cm、体重80kg 
パンクラスP’s LAB所属

アウトサイダー出場の動機

――アウトサイダーでは、これまで2戦していますが、最初に出場しようと思った動機から教えて下さい。

「出場しようと思った動機?? そんなんねぇよ! 血の匂いがした。だから俺はそこに来た。ただそれだけだよ!」

――……。あの……ずっとこのプロレスラー口調なんでしょうか。動画ではなくインタビューなので普通に答えてもらいたいのですが……。

「普通って何だ!? 俺が言ったことを書く! それがオマエの仕事だろうが! 俺は戦う、そして殺す、それが俺の仕事だ!」

――それでは気を取り直して……格闘技歴はどのくらいですか?

「総合は7年。プロレスは26年。生まれたときからリングで戦うことが宿命だった。オレは生涯プロレスラーだよ」

――プロレスから興味を持ったんですか?

「プロレスから興味を持ったというよりも、プロレスが俺に興味を持ったんだよ!」

――……憧れているプロレスラーはいますか?

「そんなんいねぇよ! 憧れているプロレスラーは俺。一番強いのは俺、一番かっこいいのは俺なんだよ。プロレスラーといったら俺なんだよ」

――これまでにアウトサイダーで2戦していますが、実際に戦ってどういう感想を持ちましたか?

「そうだな、一回目はプロレスの楽しさを教えてやったよ。2回目はプロレスの怖さを教えてやった。3回目の今回はプロレスの ・・・

ザ・シバター・テイカーインタビュー内容
■アウトサイダー出場の動機
※以下、会員の方のみご覧になれます。
■毎回リングネームが変わる理由
■プロレスラー?としての最終目標

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧