TOP > インタビュー 一覧

 9月8日(日)大阪市中央体育館・サブアリーナで開催される「THE OUTSIDER 第27戦~大阪初上陸~」のセミファイナルに出場するHIBIKI。アウトサイダー2戦目でトップファイターのひとり、“格闘彫師”啓之輔と対戦することになったHIBIKIとは一体何者!? 謎のベールが今明かされる!? (取材日:2013年8月30日)

PROFILE
HIBIKI(ひびき)
鹿児島県出身
身長177cm
【格闘技歴】
THE OUTSIDER 1戦1勝
柔道二段(全国ベスト16[団体])
柔術 紫帯(’10)
コパ・サウス青帯階級無差別級 優勝
’13グラジエーター-70㎏級 西日本暫定王者
総合格闘3年(12戦9勝3敗)

■第1章 アウトサイダー初戦は反則勝ち。リングに上がったことで感じたこと

――アウトサイダー出場を決めた動機から教えて下さい。 

「当初、啓之輔選手の対戦相手だった僕の後輩の谷山lucky文隆が欠場したので、出場のお話をいただきました。啓之輔選手は凄く強くて魅力のある選手なのでやらせていただこうと思いまして出場を決めました」

――アウトサイダーの看板選手との試合になりました。

「そうですね。まだ大会まで1週間を切っていません。1週間を切ったら恐怖心とか出てくると思うんですけど、今はあの舞台でリスペクトしている選手と戦えることが楽しみで仕方ないです」

――啓之輔選手のこれまでの試合映像を見たことはありますか。

「ある程度は見ていますが、私は普段から対戦相手の映像は見ないようにしているので大まかなイメージしか出来ていません。見すぎてしまうとイメージが出来上がってしまいます。僕は器用なタイプではなく、映像を見たところで色んな場面で対応できるわけではありません」

――HIBIKI選手は2010年6月の「THE OUTSIDER 第12戦」に出場し反則勝ちでしたが、不甲斐なさはありましたか。

「キャリア的に自分の持っているモノ以上のモノを出せるはずはないのですが…

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧