TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】全日本選手権7連覇の箕輪がプロ初戦、9階級制覇を狙う

2016/09/08(木)UP

アマで数々の実績を残した箕輪綾子がプロのリングへ上がる

 9月21日(水)東京・後楽園ホールで開催される女子プロボクシング『DANGAN-LADIES Vol.2』の記者会見が、8日(木)都内にて行われた。今大会でプロデビュー戦を迎える元アマチュアボクシング日本代表・箕輪綾子(28=ワタナベジム)が会見に出席し、今後の抱負などについて語った。

 全日本選手権7連覇、2008年世界選手権ベスト8、2012年&2015年アジア選手権銅メダルなど、箕輪はアマチュアで輝かしい実績を残している選手。8月のプロテストに合格し、今大会ではペッチパヤ・モークルンテップトンブリ(タイ)とのプロ初戦に挑む。

 デビュー戦を前に「緊張していますね」と話す箕輪だが、「ボクシングという同じスポーツではありますがプロとアマは違います。前日計量、ヘッドギア無し、8オンスのグローブなど、いろいろと違いがあるので、そこにまずは慣れたいです」と、ハキハキと意気込みを話す口調は緊張を感じさせない。
 

目標とするプロ選手の一人には、同日に世界戦を戦う先輩・江畑佳代子(左)を上げた箕輪(右)

 戦う階級について聞かれると、「ミニフライからライトまで(計9階級)を考えています」と即答。体重コントロールに不安は無いかとの質問には、「プロになったからにはやっていきます。チャンスがあればどこでもいきます」と力強く答える。さらに9階級制覇を目標に掲げ、現場の関係者や報道陣をどよめかせた。

 プロ初戦に向けて「まずはプロとアマの違いに慣れることが第一です。選手としては、インファイトでもアウトボクシングでも、どちらのスタイルでも戦える万能型を目指したいと思います」と意気込みを話した。

●編集部おススメ記事
”お局”宣言の40歳・江畑佳代子、5度目の世界挑戦へ
モデルボクサー対決なるか、後藤あゆみが高野人母美との対戦に意欲

【大会・チケット情報】 9・21 ワタナベジム、DANGAN 「DANGAN-LADIES Vol.2」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧