TOP > ニュース 一覧

【空手】東京の『沖縄めんそーれフェスタ』で、沖縄空手ステージが好評

2019/06/02(日)UP

空手は総合武術、棒の型もある。

 5月24日から6月2日(日)まで開催している、東京・池袋サンシャインシティ『第11回沖縄めんそーれフェスタ2019』にて、5月31日と6月2日まで『沖縄空手PRステージ』が行われている。

 『沖縄めんそーれフェスタ』での空手PRステージは初で、沖縄県では近年、空手が沖縄発祥の地であることから国内の観光、海外からのインバウンドを見据え、近年、積極的に空手をPRしている。今年の2月末には東京駅前の商業施設KITTEにて「沖縄空手大演武会2019」を開催して1000人以上の観覧者を集めた。

空手の型を対人で披露。突きにカウンターの肘を叩き込む

 沖縄県では2018年度の入域観光客数が999万9千人と前年度より4.4%増。目標の1000万人に届かなかったものの6年連続で過去最高になったと発表している。外国人観光客も300万人と増え続けているという。

 沖縄県の玉城デニー知事は観光客が増えている一因に「官民一体となった効果的なプロモーション」を挙げているが、今回の『第11回沖縄めんそーれフェスタ2019』もその一環。そこに今回初の『沖縄空手PRステージ』が一役買っている。

 取材した5月31日と6月1日、『沖縄空手PRステージ』で沖縄から5人の空手マスターたちが本場の沖縄空手を披露した。

各沖縄空手の流派が型を披露

 沖縄県の行政である空手振興課の山川哲男課長の司会のもと、沖縄空手の歴史と技、世界に広がる活動を紹介するプロモーション上映から始まり、上地流の津嘉山聖太(つかざん・しょうた)先生による型・三十六(サンセーリュー)、をはじめ、剛柔流の八木明広先生や、八木明人先生、少林寺流の親川仁志先生、上地流の比嘉進先生による、それぞれの流派に伝わる型を演武した。

 続いて、剛柔流の対人で行う鍛錬法である小手鍛えや、型の用法(分解)5つを演武。試し割りは上地流から1メートルの角材を上腕振り打ちと下段蹴りで真っ二つに。

 最後は古武道の親川仁志先生による徳嶺の棍(棒術の型)を披露した。

角材が真っ二つに

 締めは観覧客も含めて「空手発祥の地・沖縄!」と拳を突き上げてステージは終了。ステージ下では、道着を着て記念写真コーナーや立体映像を見ながら空手のバーチャル体験できるコーナーまであり観客がそれぞれ体験し好評を博していた。最終日の6月2日(日)の『沖縄空手PRステージ』は12時~、15時~の2回行われる。

なお、このイベントでは各音楽ステージや沖縄物産展としてフード、沖縄ビアレストランなど賑わいを見せている。
(写真=新・空手道)

『沖縄空手PRステージ』
6月2日(日)12時~、15時~
池袋サンシャインシティ・噴水広場ステージ前
観覧無料

●編集部オススメ

・具志堅用高が沖縄空手を披露、正拳突きに会場全体が釘付けに=沖縄めんそーれフェスタ

・空手の日に達人集結、指先で板が真っ二つ

・沖縄空手の演武会に武器としての空手を見た

・“空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ” 植草歩の前歯が復活! 緊急時の歯の対処法とは?

・総合空手マガジン「新・空手道」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧