TOP > ニュース 一覧

【RISE】梅野源治がチャンヒョン・リー攻略宣言「パンチの打ち合いでも面白い」

2019/07/19(金)UP

「パンチの打ち合いでも面白い」と、リーの土俵で勝負する構えを見せた梅野

 7月21日(日)エディオンアリーナ大阪にて開催される『RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA』の-61kg級・準決勝戦に出場する梅野源治(30=PHOENIX)のインタビューが主催者を通じ届いた。

 RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament 準決勝で対戦するチャンヒョン・リー(韓国/RAON)とは2012年10月、2013年3月に続き三度目の対戦。1勝1敗と五分の対戦成績となるチャンヒョンとの決着のため、梅野はタイから”仮想チャンヒョン”となる練習パートナーを招聘。

今年5月のワンマッチで梅野は飛躍的なパンチ技術の向上を見せた

 他選手に聞く戦前の予想は、ミドルキックでポイントを取った梅野の勝利という声が多い。その点について梅野は「それが一番勝ちにつながるとは僕自身も思う」と、勝利へのイメージに合致していると明かす。

 しかしRISE参戦に伴い大きくレベルアップしてきたというパンチに自信を見せる梅野は、「パンチの打ち合いでも面白い展開を見せられる」と、チャンヒョンの土俵であるパンチでの勝負も視野に入ると告白。また「(チャンヒョンは)ボディへのパンチが多いので、顔面ヒザを合わせる練習やロー・ハイキックも練習している」と、”全局面で圧倒する”という公開練習時の発言を裏付けるように、攻撃手段のバリエーションの多さをアピールした。

”鉄拳”の異名を持つリー(右)とのパンチの打ち合いに注目が集まる

 この世界トーナメントを制するためには、「まず準決勝でしっかり勝つこと」と、目の前の敵に集中する姿勢を見せた梅野。最後の対戦から約6年の時を経た再々戦に対し、「お互いに実力をあげての対戦」と、別人同士の戦いになることへの覚悟を見せる。決勝に来ると予想するラジャダムナン王者・セクサン・オー・クワンムアン(タイ)との対戦が実現すれば、これも2015年以来のリベンジマッチ。「決勝で会おう」と約束した一戦を実現させるためにも、チャンヒョンに負けるわけにはいかない。

 大きなプレッシャーがかかる正念場だが、梅野は「すごく試合が楽しみ」と、強敵との戦いを心から待ち望む。そして格闘技熱の盛り上がりを見せる大阪のファンへ「期待に応える試合をするので楽しみにしていて下さい」と力強く宣言した。

▶7.21 RISE大阪大会の全対戦カード順、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・梅野源治がセクサンに4年越しのリベンジ宣言「決勝で会おう」

・大阪大会の全試合順が決定、那須川天心vsスアキムがメイン

・亀田興毅が那須川天心vsスアキム戦にゲスト出演決定、天心にエール

・那須川天心vsスアキム戦を青木真也、武蔵、朝倉兄弟が大予想

・人気グラドル桜りんら新ラウンドガールユニット「ライズ・フォース」始動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧