TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】クレベル、絞った体で睨み合い“20秒”、牛久のタイトル奪取なるか=前日計量

フォロー 友だち追加
2022/10/22(土)UP

明日のタイトルマッチに向けて牛久(左)とクレベル(右)がフェイスオフで睨み合った

 明日23日(日)にマリンメッセ福岡にて開催される『RIZIN.39』の前日計量が本日22日行われ、RIZINフェザー級タイトルマッチに出場する王者・牛久絢太郎(K-Clann)は65.85kg、“最強の挑戦者”クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)が65.90kgで両者とも計量をパスし、ともにバキバキに鍛えた肉体を誇示してマッスルポーズを作った。

【フォト】牛久とクレベルがマッスルポーズで鍛えられた肉体を披露、睨み合いも

牛久は「明日は、本物になる」とクレベルに勝って最強を証明すると宣言した

 ついに、この時がやってきた。かねてからベルトへの執着を持ってきたクレベルは、6連続一本勝ちの快進撃で、王者・牛久とのタイトル戦へ辿り着いた。牛久は、過去4戦すべてDEEPとRIZINのタイトルマッチを交互に行い、すべて防衛に成功してきた。

 勢いは互角で、牛久の打撃、クレベルの寝技の攻防によって展開が大きく変わるため、勝敗予想の意見が識者によって分かれた。個別インタビューで牛久が柔術の練習もしてきたこともあり「総合力で勝つ。三角絞めは極まりません」と発言すると、クレベルは「私は柔術を19年やっています。彼の技術では柔術の技から逃げられない。三角絞めで一本勝ちします」と豪語した。

クレベルも勝利をアピール

 計量後のフェイスオフで2人は約20秒間睨み合い、激闘を覚悟しているように頷く両者。牛久は「明日、すべて懸けて僕が本物になります」と宣言。クレベルは「明日、私絶対いい試合します」とアピールした。

 はたして明日、腰にベルトを巻くのはどちらになるのだろうか。

<計量結果>
▼メインイベント(第12試合) RIZINフェザー級タイトルマッチ
RIZIN MMAルール:5分 3R(66.0kg)
牛久絢太郎(K-Clann)→65.85kg
vs
クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)→65.90kg

▶次ページは、【フォト】牛久とクレベルがマッスルポーズで鍛えられた肉体を披露、睨み合いも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】10.23「RIZIN.39」牛久絢太郎vsクレベル、スダリオ剛、矢地祐介などTV放送・ネット配信・生中継情報

・10.23『RIZIN』全試合 結果 速報

・【RIZIN】クレベル「日曜日はポペガー(極める)と叫ぶ」王者・牛久絢太郎に一本勝ち宣言=10.23

・【RIZIN】王者・牛久絢太郎、クレベルの三角絞め予告に「極められない自信がある」

・【RIZIN】10.23 前日計量 全員パス=王者・牛久絢太郎vsクレベル、スダリオ剛、矢地祐介ほか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧