TOP > 試合結果

【レベルス】ハチマキが3度目の対決を制し、涙の初戴冠

2013/07/21(日)UP

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」&「REBELS」特集
「ここが凄いよ!梅野源治」元WPMF世界王者・加藤督朗が解説、森井洋介のサンドバッグ&スパーリングをキックの鉄人・藤原敏男が解説、ウィラサクレック会長直伝!ハイキックをうまく当てる方法、梅野&森井のインタビューなど多数

▲ハチマキ(左)が3度目の決着戦を制した

REBELSプロモーション
「REBELS.17」
2013年7月21日(日)東京・ディファ有明

▼メインイベント(第12試合) REBELS-MUAYTHAIライト級王座決定戦 WPMF日本ルール 3分5R
○ハチマキ(PHOENIX/REBELS-MUAYTHAIライト級1位)
判定2-0 ※48-48、49-48、49-48
●黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/REBELS-MUAYTHAIライト級2位、前J-NETWORKライト級王者)
※ハチマキが初代王座に就く。

 両者は5月に行われたトーナメント1回戦を勝ち抜き、今回決勝戦に臨む。過去2度対戦していずれも引き分けとなっており、3度目の決着戦がタイトルマッチの大勝負となった。

 1R、ローの蹴り合いからスピードに優るハチマキがワンツーを当てていく。黒田の左ミドルにはローを返す。前半は押され気味だった黒田だが、後半は左右フック、首相撲で盛り返した。

 2R、ハチマキがローからのワンツーで優勢に立ち、右ストレートと左ボディをヒットさせる。しかし、黒田も首相撲からのヒザでダメージを与え、ともにボディを攻める展開。

 3R、黒田の攻撃に必ずローとミドルを返すハチマキ。自分からはワンツーとボディへのストレート。両者組むと黒田がコカすなど優勢だったが、ハチマキはヒジで黒田を下がらせる。

 4R、黒田の攻撃に対し、ハチマキがパンチとテンカオを合わせる。黒田は左ミドルと首相撲からのヒザ蹴りを狙うが、ハチマキがまたもヒジ。手数と有効打でハチマキがリードした。

 5R、黒田は逆転を狙ってヒジを狙っていくが、ハチマキは当てさせない。ハチマキが左ミドルとパンチで黒田を突き放し、黒田に逆転を許さない。一進一退の攻防で最終ラウンドを終え、ハチマキが判定2-0で王座に就いた。

 ハチマキはリング上で男泣きし、「僕は勝ったり負けたりで、勝ってもいい試合が出来なくてプロで試合をしていていいのかなって思ったこともありました。それでも僕は格闘技が好きだからチャンピオンになりたくて。これは僕を応援してくれた会長や仲間、応援に来てくれる人たち、そして今日見に来てくれたお客さんのおかげです。ありがとうございました」と涙ながらにマイクで語り、場内の感動を誘った。


▲T-98(右)が再戦でリベンジし、決勝進出を決めた

▼セミファイナル(第11試合) WBCムエタイ日本ウェルター級タイトル次期挑戦者決定トーナメント準決勝戦 3分3R WBCムエタイ日本ルール
○T-98(たくや/クロスポイント吉祥寺/WPMF日本ウェルター級王者)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●UMA(ゆうま/K&K BOXING GYM)
※T-98が決勝戦へ進出。

 レベルスで初のWBCムエタイ日本公式戦が行われた。T-98は2連敗と厳しい状況の中、7月中旬までタイで修行し、復活を目指しての参戦。対するUMAは2011年3月にT-98からバックスピンキックでダウンを奪って判定で勝利している。

 この試合の勝者は、7月15日のNJKFで行われたもうひとつの準決勝で勝利した大竹将人(TARGET)と今秋に決勝戦を行い、そこで勝利した選手が大和侑也(大和ジム)が保持するWBCムエタイ日本ウェルター級王座に挑戦することとなる。

 1R、ひたすら右ローを蹴るT-98とは対照的に、UMAは飛びヒザ蹴り、後ろ蹴り、ハイキックなどの大技を仕掛ける。後半はローを蹴ってきたUMAにT-98は得意のボディへのストレート。

 2RもUMAは飛び蹴り、後ろ蹴り、サイドキックなど蹴り技を多用。T-98はなかなか近付けなかったが、右ローと右ボディストレート、さらにはハイキックで応戦。UMAが動き回って蹴りからパンチにつなぐ。

 3R、細かくパンチを当ててくるUMAに、T-98は右ローと首相撲からのヒザ蹴り。手数で攻めるUMAに対し、一発一発が強い攻撃を繰り出すT-98。途中、T-98の右ローでUMAがバランスを崩す場面があり、T-98が僅差の勝利を収めた。

▲炎出丸(右)は首相撲からのヒザ蹴りで宮元(左)に何もさせない

▼第10試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーバンタム級 3分5R WPMF日本ルール
○炎出丸(クロスポイント吉祥寺/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※49-47、50-47、49-48
●宮元啓介(橋本道場/Japan Kickboxing Innovation/JKIスーパーバンタム級王者、WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者)

 今年3月にJ-NETWORKスーパーバンタム級王座を獲得した炎出丸が、ホームリングに凱旋。JKIスーパーバンタム級&WBCムエタイ日本スーパーバンタム級の二冠王・宮元と王者対決を行う。

 1R、お互いにジャブ、ロー、左ミドルを出し、後半になると宮元が後ろ蹴りとバックブロー、さらに三日月蹴りと左レバーブローなど攻撃をまとめる。炎出丸も得意の首相撲に持ち込む。

 2R、炎出丸が右ストレートを打つと宮元は左ボディブローで攻めるが、炎出丸はガッチリと首をロックする首相撲に捕らえてのヒザ蹴り連打。宮元もヒザを蹴り返すが、ほぼ一方的な展開で炎出丸がヒザを蹴り続けた。離れると宮元はパンチ。

 3R、宮元はパンチと三日月蹴りでボディを攻めていき、後ろ蹴りも放つ。しかし、炎出丸が執拗な首相撲勝負に持ち込み、ヒザを連打。後半には炎出丸が飛び上がるようにして決めたヒザ蹴りがグサリと突き刺さり、宮元はガクッと動きが鈍る。

 4R、宮元は組ませまいとしてフットワークを使い、パンチを入れていく作戦に切り換えた。

 炎出丸は前蹴りを使い、宮元の上段後ろ廻し蹴りをまともにもらっても下がらず、組み付いて首相撲からのヒザに持ち込む。一旦ブレイクとなっても、炎出丸はまた組みにいきヒザ蹴り。

 5Rも宮元はフットワークを使ってパンチと蹴りで倒しにいくが、炎出丸はそれでも組みにいって首相撲に持ち込み、ヒジとヒザ。最後まで自分のスタイルを貫き通した炎出丸が王者対決を制した。

 炎出丸は「見ても分かるように不器用なので地道に攻め続けて勝てました。強い選手に完勝できたので自信になります」とマイクアピールした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」&「REBELS」特集
「ここが凄いよ!梅野源治」元WPMF世界王者・加藤督朗が解説、森井洋介のサンドバッグ&スパーリングをキックの鉄人・藤原敏男が解説、ウィラサクレック会長直伝!ハイキックをうまく当てる方法、梅野&森井のインタビューなど多数

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果