TOP > 試合結果 一覧

【K-1】卜部兄弟対決の決勝は弟・功也が制す

2015/01/18(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▼第8試合 K-1-60kg初代王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○卜部弘嵩(チームドラゴン/ISKA世界スーパーライト級王者)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-8
●ハビエル・エルナンデス(スペイン/第3代IT’S SHOWTIME-61kg世界王者)
※卜部が決勝へ進出。

 1R、1回戦をあっさりとクリアしてダメージの少ない弘嵩は慎重にジャブ、ローを放つ。エルナンデスは圧力をかけてフックを打ち、弘嵩はローで崩しにかかる。

 2R、前に出る2人は、ローの蹴り合い。エルナンデスのローも的確に入り、両者ともに足へのダメージがありそうだ。

 3R、ここまで手数では負けていない弘嵩だが、ダメージはどうか。足を止めての打ち合い、蹴り合いが続く。エルナンデスのミドル、ボディブローが弘嵩を苦しめる。本戦の判定は1(エルナンデス)-0でドロー。延長戦へ突入した。

 延長戦、追い込まれた弘嵩は、ハイ、パンチをまとめる。エルナンデスは、ローでKOを狙う。打ち合う両者。エルナンデスのヒザ蹴り、フックが弘嵩を襲う。終了まであと数秒。最後の最後で弘嵩の左フックが当たり、エルナンデスがダウン。判定3-0で弘嵩の逆転勝利となった。

  


 


▼第5試合 K-1-60kg初代王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
○卜部功也(チームドラゴン/ISKA世界ライト級王者)
KO 1R 2分05秒
●デニス・ピューリック(カナダ/Iron Tiger Muay Thai/Banchamek gym)
※卜部が準決勝へ進出。

 1R、卜部はローでスタートし、ピューリックは鋭いパンチ。卜部の左ヒザ蹴りがボディへ入り、ピューリックは下がってしまう。追いかける卜部がパンチをまとめると、右フックが入りピューリックはダウン。

 立ち上がったピューリックに、卜部がパンチをまとめてボディへのヒザ蹴り。ピューリックはしゃがみ込んでダウン。2ノックダウン制によるTKO勝利で、卜部が兄に続き準決勝へ駒を進めた。

  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧