TOP > 試合結果

【武林風】ゲーオがダウン奪い敵地中国で勝利、久保は判定負け

2017/01/14(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

河南テレビ
「第5回 WLF武林風世界カンフー盛典」

2017年1月14日(土・現地時間)中国・河南省鄭州市

▼-65kg契約 3分3R
○ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)
判定3-0 ※30-26、29-27、29-27
●ワン・ポンフェイ(中国)

ダウンを奪って勝利したゲーオ。安定感のある戦いぶりだった(写真は日本での試合のもの)

 ポンフェイは武林風の2014年新人王で、2016年8月にKrush名古屋大会で野杁正明に初回KO負けを喫している。今回は地元でK-1王者ゲーオを迎え撃った。

 1R、序盤から左ストレート、左ミドルで攻めていくゲーオ。ポンフェイのパンチや蹴りはよく見てかわしていく。終盤に左のパンチを連続してヒットさせたゲーオは早くもガッツポーズ。

 2R、パンチ主体のポンフェイに左ミドルを返していくゲーオ。このラウンド終盤にもゲーオが左のパンチを連続ヒットさせる。

 3R、ゲーオがタイミングのいい左ストレートのカウンターでダウンを奪う。逆転をポンフェイはパンチを繰り出すがゲーオはかわす。打ち合いでゲーオが被弾する場面もあったが、危なげなく判定勝ちとなった。

●編集部オススメ記事
・ゲーオ強し、決勝もKOで2連覇達成
【試合動画】ゲーオvs梅野源治
【試合動画】ゲーオvs健太
【テクニック動画】これがゲーオ・フェアテックスのKOテクニックだ!


 

▼-67.5kg契約 3分3R
○シェ・レイ(中国/WCKムエタイ・インターコンチネンタル王者)
判定3-0 ※29-26、29-26、29-27
●久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)

バックハンドブローをクリーンヒットされるなど、らしくない戦いぶりだった久保。日本トップの久保に勝つ中国のレベルの高さをまざまざと見せ付けられた(写真は日本での試合のもの)

 久保の2017年初戦は中国にて、武林風で常にメインカードに名を連ねるトップファイターのレイと対戦した。

 1R、サウスポーの久保が左ミドル、前蹴りを放ちながら前へ出て行くとレイは右ストレートとサイドキック。レイは久保の蹴り足をつかんでの投げを2度見せる。これは中国散打の技だ。思い切ったフックで飛び込んで来るレイだが、久保はかわす。

 2Rも左右フックで飛び込んで来るレイ。右ハイキックをもらった久保だが、両手を広げて“効いてないよ”と笑みを浮かべる。レイが久保の蹴り足をキャッチして投げ捨てると場内は大歓声。久保が左ヒザを何度も突き刺すとレイは下がって守りに入った。

 3Rもレイは久保の蹴り足をキャッチしての投げを狙うが、久保が左ミドル、左ヒザ、左ストレートを次々とヒットさせる。しかし、つかんでのヒザ蹴りで注意を取られ、その直後にはミドルをスウェーバックでかわしたところにバックハンドブローをヒットされて大きく体勢が崩れる。挽回しようと前に出て攻める久保だが、またもバックハンドブローをもらってしまい、さらに再びつかみで注意を受ける。

 判定で勝利したレイは勝利の雄叫びをあげた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果