TOP > 試合結果

【修斗】松本光史、小谷直之を逆転KOし王座防衛

2019/05/06(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

スリーパーで一本勝ちした箕輪(左)

▼第7試合 日比交流戦 修斗 vs チーム・ラカイ 3×3 フライ級 5分3R
〇箕輪ひろば(総合格闘技道場STF)
一本 3R2分22秒 ※スリーパーホールド
●ジャレッド・ライアン・アルマザン(フィリピン/チーム・ラカイ)

 1R、蹴りを散らすアルマザンは箕輪をテイクダウン。箕輪もテイクダウンを奪いスリーパーを狙うなど一進一退の攻防。2R、箕輪がテイクダウンしスリーパー狙いも極め切れない。3Rもグラウンドで優勢の箕輪はスリーパーを極めて一本勝ち。今回は一階級上での試合だったが手応えを感じたか、二階級制覇も視野に入れていくとした。


ワナワン(下)にKO勝ちした黒澤(上)

▼第6試合 日比交流戦 修斗 vs チーム・ラカイ3×3 ストロー級 5分3R
〇黒澤亮平(パラエストラ松戸/元修斗世界ストロー級王者)
KO 1R2分17秒
●ジェロム・ワナワン(フィリピン/チーム・ラカイ)

 8戦5勝3敗の戦績を持つ29歳のワナワンは1Rから思い切りのいい攻撃を見せる。冷静に捌く黒澤は右フックを当ててKO勝ちした。これで対抗戦は修斗がまず先勝。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果