TOP > 試合結果 一覧

【UFC】ウェイリーが秒殺TKO勝利でアジア人初のUFC王者が誕生

2019/09/01(日)UP

ウェイリー(右)がアンドラージ(左)に勝利、アジア初のUFC王者になった

 8月31日(土・現地時間)、中国・深セン市にて行われた『UFCファイトナイト深セン』でアジア人初のUFC王者が誕生した。

 この大会のメインイベントである「女子ストロー級タイトルマッチ 5分5ラウンド」でUFC世界女子ストロー級王者ジェシカ・アンドラージ(27=ブラジル)がわずか1R 42秒で中国のジャン・ウェイリー(30)にTKO負けを喫してしまったのだ。

ダウンしたアンドラージにパウンドで追撃するウェイリー(@ufc_jpより)

 ウェイリーは散打、ブラジリアン柔術をバックボーンに2013年に総合格闘技プロデビュー。17年には中国のMMA団体『Kunlun Fight』のストロー級王者となった。18年5月にはRIZINに村田夏南子との対戦が発表されていたが全治1カ月の怪我で欠場。その後間もなくUFCと契約し18年8月にUFCデビュー。判定で2連勝し、早くもタイトル戦にたどり着いた。

 王者アンドラージは2013年からUFCに参戦し、バンタム級、ストロー級で活躍。19年5月に投げ技で頭からマットに叩きつけ失神KO勝ちを収め、UFC王座を獲得。一撃でノックアウトを狙えるパワフルな打撃が武器で、そのアグレッシブファイトはヴァンダレイ・シウバにも例えられるほど。

試合後、ウェイリーは自身のSNSにベルトを巻いた写真と感謝の言葉を投稿(@zhangweilimmaより)

 試合は、王者アンドラージが圧力をかけてパンチの連打で攻めていくと、ウェイリーは下がりながら左フックを返すと、アンドラージが一瞬ガクッときて会場が大歓声となる。ダメージがあるアンドラージはウェイリーの胴まわりをがっちり掴むが、ウェイリーはヒジの連打から首を掴んでのヒザの連打、そしてパンチの連打でアンドラージがダウン。パウンドで追撃するとレフェリーが即試合を止めた。

●編集部オススメ

・魅津希がデビュー戦を打撃で競り勝つ「本当に勝てて言葉が出ない」

・朱里、プロレス自主興行は満員御礼! 総合格闘技は「またこれから」

・【Invicta】魅津希が初の海外タイトル戦へ笑顔で計量パス

・メルヘン戦士マドレーヌが朱里とプロレスマッチ決定で大興奮も「どうにかして勝つ」

・【DEEP JEWELS】中井りんがメイドコスプレで計量クリアー、タイ選手との戦いに「日本人女性の強さ見せる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧