TOP > 試合結果個別

【K-1】中野滉太の左フックが炸裂、一撃で平山を斬り落とす

2019/12/28(土)UP

中野(左)が3RKO勝利

K-1実行委員会
“K-1冬のビッグマッチ 2 名古屋” K-1 WORLD GP 2019 JAPAN 
~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」』
20191228日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

6試合 スーパーファイト K-1スーパー・ライト級 33R・延長1R

●平山迅(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
KO  3R 26秒 ※左フック
○中野滉太(日本/POWER OF DREAM

 平山は真っ向から打ち合うスタイルで関西を拠点に活躍してきたが、今年4月のKRUSHでウェルター級(67.5kg)からスーパー・ライト級(65kg)へ転向、所属も変えて竹内悠希を2RKOで下してインパクトを残した。しかし、8月の大阪大会ではK-1のトーナメント優勝経験もある山崎秀晃に判定負けし、今回が再起戦だ。

 対する中野はK-1王者である武居由樹と江川優生と同じジムでトレーニングに打ち込む20歳。今年3月の『K’FESTA.2』ではFUMIYAKOで下した。7月のKRUSH後楽園大会では日本vs中国・77全面対抗戦に出場して超強豪のワン・ポンフェイとも拳を交えた。今回はK-1本戦でどんな試合を見せるか注目だ。

 1R、中野が左ハイを狙うと、平山が右ローを返す。左ジャブや前蹴りで牽制する中野に、平山が重い右ローを繰り出す。バックスピンキックも見せる中野の右ローやカーフキックの切れ味は鋭い。平山も上手くローをカットしながら様子を伺う。

 2R、1Rより距離が近くなった両者。平山が左ジャブを使いながら前進して右ローを走らせる。中野はフェイントをかけながら左ローや左ミドルを当て込んでいく。中野の左ハイをブロックした平山がじりじり前に出て、左ボディを打ち込む。中野も遠い距離から飛び込んでの左ミドルや左バックスピンキックを見せる。

 3R、平山が前進して右ミドルで前進してパンチをまとめていく。対する中野は飛びかかるようにして左右のフック。すると、平山の左フックに中野が渾身の左フックをカウンターでクリーンヒットさせ、平山が体が流れるように倒れてダウン。なんとか立ち上がった平山だったが足元がおぼつかなくレフェリーが試合を止めた。中野が一瞬で試合を決めてKO勝利した。

 勝利した中野は「年末年始に足運んでいただきありがとうございます。先輩たちに負けないように、来年は自分の年にできるように頑張ります」とコメントした。

●編集部オススメ

・今大会の全試合結果&試合レポートはこちら=K-1名古屋

・平山迅vs中野滉太は激戦必至「しっかりKO、自然に会場が盛り上がる試合を」(平山)

・平山迅、関東との全面戦争で関西若手に背中を見せる覚悟

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別