TOP > 試合結果個別

【RIZIN】極真・ベイノアが弥益ドミネーターにスプリット判定負けも、MMAデビュー戦で元DEEP王者に大健闘

2021/06/13(日)UP

判定2-1で弥益(右)の勝利が告げられた

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.28』
2021613日(日)東京ドーム

▼第1試合 RIZIN MMAルール 73.0kg
〇弥益ドミネーター聡志(team SOS)
判定2-1
●“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)

パンチを放つ弥益

 ベイノアは極真空手で全日本軽量級王者になった空手家。キックでは17年にJ-NETWORKウェルター級王座、18年にはRISEウェルター級王座を獲得した。今回MMAルールに初挑戦となる。

 対する弥益は昨年大晦日のRIZINで朝倉未来と対戦した元DEEPフェザー級王者。戦績は11勝(4KO/5一本)6敗と、勝利のほとんどをフィニッシュで上げている。打撃もグラウンドもできるオールラウンダーだ。前回は朝倉にハイキックで仕留められている。

 1R、左右に構えを変えるベイノアはそこから蹴りとジャブを放ち弥益を遠ざける。弥益が前に出ようとしたところでバランスを崩し尻餅をつき、グラウンドへ呼び込むが、ベイノアは十字を切ってみせこれを断る。
 前に出る弥益にベイノアがカウンターの右ストレートをヒット。弥益はダメージに一瞬腰が落ちるが持ち直し、タックルで組みつかんとする。しかしベイノアはこれを押し戻し、距離を作ってローを当て、左右のフックで遠ざける。

ベイノアが弥益の上になり、鬼気迫る顔でパンチを放つ

 2Rも距離を取りロー、ミドルと蹴りを当てるベイノア。しかし弥益が足へのタックルから腰に上がってテイクダウン。ベイノアは思わすロープを掴んでしまうが、弥益が倒し切りグラウンドへ。ロープの間から外へ出てしまいそうになるベイノアだが、ドントムーブで戻され、弥益にバックから攻められる。しかしベイノアは脱して立ち上がる。ここでベイノアにロープ掴みで反則のイエローカードが出される。

 組みついた弥益はテイクダウンしてマウントポジション。だがベイノアはこれをブリッジで跳ねのけ、ジャンプしての踏みつけ攻撃。弥益はこれを足で妨害し、逆に組みつきベイノアを下にして2R終了。

 3R開始前、2Rにロープを掴んだベイノアにレッドカードが提示される。前に出た弥益は組みついて倒しこのラウンドもマウントポジションに。今度は弥益が押さえてパンチを連打していく。ややあって立ち上がったベイノアに対し、弥益は蹴り上げを見舞い、コーナーに追い込んで再びテイクダウンを狙う。
 しかしベイノアは腰を引いてこらえ弥益の頭部に鉄槌(てっつい)を連打。さらに背後に回って弥益をパンチで攻撃。弥益もアームロックを狙うなか試合終了となる。

 判定は弥益、ベイノアと分かれた後で弥益で2-1。苦しみながらベイノアを降した。 

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN.28】試合結果速報中=6.13東京ドーム

・【テレビ 配信】6.13「RIZIN 東京ドーム大会」のTV放送・ネット配信・生中継情報

・【RIZIN】「前日計量全結果」朝倉未来vsクレベル、那須川、バンタム級GP選手ほか=6.13東京ドーム

・【RIZIN】極真・ベイノアが“一撃必殺パンサーキック”でKO予告!MMAデビュー戦に「空手で通用すると信じている」=6.13

・(動画あり)衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別