TOP > ニュース

【K-1】新王者アラゾフ「ファンが増えたのでもっとKOする」

2017/06/19(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ハリウッドスターのような出で立ち。それに加え、会見場に良い匂いを漂わせていた

 6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、19日(月)都内にて行われた。

「第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」で優勝したチンギス・アラゾフ(ベラルーシ)が会見に出席し、昨夜の試合を振り返った。

サングラスを外して腫れた右目を見せるアラゾフ

「順調に準備をしてきたので今回優勝することが出来た。どの選手も強く、レベルが高かった。その中で自分が優勝出来て嬉しいよ。K-1は世界でもトップレベルの格闘技イベントであることが証明できたと思う」

 右目が腫れているのは「(ジョーダン・)ピケオーのパンチでやられたんだ。激しい戦いで右からのカウンターを受けてしまった。決勝戦があるので、試合を早く終わらせたいと焦ってしまったんだ。決勝では右目が腫れてしまって、片側が見えづらかったが、どうにか勝つことが出来た」と説明。

テレビで見ていた城戸(右)と戦えて嬉しかったというアラゾフ(左)

「4人トーナメントで1日2試合は経験があったが、3試合は初めて。チーム全体として準備をしてきたので、勝ち抜くことが出来た。ファンの応援も大きかったし、勝ちたい気持ちも強かった。そういういろいろな要素があって優勝出来たと思う」と、謙虚な新王者。

「K-1のチャンピオンになることが夢で、ベルトが欲しくて堪らなかったので、それに向けて調整・トレーニングをしてきた。16歳からテレビで見ていて城戸選手は知っていたよ。戦いたいと思っていた選手なので、戦えて嬉しく思う。そして夢にまで見たK-1のベルトを獲得出来て本当に嬉しく思っている」と、王座に就いたことを素直に喜ぶ。

 さらに、テレビ中継の解説を務めていた魔裟斗が高く評価していたことを聞くと、「小さい頃から憧れの選手で、彼のようになりたいと思っていたんだ。褒めてもらえて、実際に会って握手が出来たことも嬉しかった」と少年のようにほほ笑む。

 今後については、「いつでも再来日する。日本に新たなファンが出来たことを感じたので、もっとKOするよ。応援してもらえるのが何よりも嬉しいので、より面白くより楽しい試合をこれからもお見せする。K-1が世界に知られるようになり、トーナメントに世界中の選手が参加したくなるようなイベントにしていきたいと思う。

 呼んでもらえればいつでも来日するよ。このカテゴリーには強い選手がたくさんいてスターもいる。チャンピオンも一人ではなく入れ替わる(ほどの激戦区)。シッティチャイ、ペトロシアン、スーパーボーン、グレゴリアンと戦いたい」と、70kg級世界トップクラス選手たちの名前をあげた。

 また、印象的な入場テーマ曲についての質問を受けると、「足を怪我してギプスをはめている時に、コーチが『ラスト・オブ・モヒカン』という映画を見ることを勧めてくれたんだ。それで映画も曲も気に入って、プロに転向してからずっと入場曲として使っている。勝利のメロディーで、心意気が高まるんだ」と語った。

※6・18「K-1 WORLD GP JAPAN」の全試合結果はこちら

●編集部オススメ記事
・武尊と城戸、新スーパー・ウェルター級王者アラゾフに舌を巻く
・優勝候補アラゾフに挑む中島「恐怖だけど楽しみ」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース