TOP > ニュース

【Krush】日本vs中国6対6全面対抗戦、前日に火花散らす

2017/07/16(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日中両国プライドを懸けた対抗戦。白熱した戦いになりそうだ

 7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.77 ~日本 vs 中国・6対6全面対抗戦~』の公開計量&記者会見が、15日(土)都内にて13:00より行われた。

 計量は対抗戦に出場する日本代表チーム、中国代表チームともに全選手がパスし、明日の試合開始を待つのみとなった。

大将戦で激突する卜部(左)とジュンフェン

 大将戦でジェン・ジュンフェン(中国)と戦う、第2代K-1 WORLD GP -60kg王者・卜部弘嵩(KREST)は「前回の試合から約5カ月間、徹底的に仕上げて来ました。明日は最高の試合を見せます」と気合いの入った表情でコメント。 

 ジュンフェンも「卜部選手はjk-1王者にもなったことがある選手ですが、相手が誰であろうと関係ありません。全力で倒します」と話し、こちらも気合い十分。

第2試合で対戦する佐野(左)とチー(右)は舌戦を展開

 卜部はジュンフェンついて「MMAでも戦っているということで体格的にガッチリしていますし、強いと思います」と語り、全く侮っていない。

 今回選抜された中国代表については「世界的に見てもレベルの高い最強メンバー」と評し、大将として絶対に負けられないという意気込みを感じさせた。

第6試合の渡部(左)とインホァ(右)は激闘を予感させるコメント

 また、対抗戦第2試合で2014年Krush -55kg新人王佐野天馬(KREST)と戦うユン・チー(中国)が「噂では佐野選手が自分を倒すと言っているのを耳にしたのですが、佐野選手、あなたは強い選手なのでしょうか? 私はあなたに100%勝ちます」と挑発。

 それに対し佐野も「さっき計量で向かい合った時に確実に負けないと思いました。舐められてムカつくのでぶっ倒します」と応戦し、火花を散らした。

中国から2名のラウンドガール(中央の2名)が派遣された。両サイドは『Krush』のラウンドガール

 対抗戦第6試合で第4代Krush -67kg王者・渡部太基(Golden Globe)と戦うティエ・インホァ(中国)は渡部について「気持ちが強くて退がらない選手。明日はどちらが退がらない選手かハッキリさせましょう」とコメント。渡部も「思いっきり来てもらった方が良い。壊し合いをします」と話し、明日の激戦を予想させた。

写真(C)Good Loser

●編集部オススメ記事

・大将・卜部がK-1をライバル視「K-1より盛り上げたい」
・中国チーム来襲、全員が打倒・日本に自信満々

【大会・チケット情報】 7・16 グッドルーザー 「Krush.77 ~日本 vs 中国・6対6全面対抗戦~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース