TOP > ニュース

【RIZIN】大塚隆史、Krushファイターと打撃磨いた

2017/12/19(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

予定を変更してレスリングのスパーリングを披露した大塚。腕十字固めを極める

 12月29日(金)31日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の公開練習が、19日(火)都内にて行われた。

 RIZINバンタム級トーナメントに出場するDEEPバンタム級王者・大塚隆史(T-grip Tokyo)は、「最初はオープンフィンガーグローブを着けてマススパーをやろうと思ったんですが、めんどうくさいなと思って。自分が慣れているレスリングの方がラクに出来るから」と、レスリングでのスパーリングを披露。得意のタックルでテイクダウンを奪い、関節技を極めて見せた。

「怪我もなくいい練習が出来ています」と言い、今は29日の試合に集中しています」と2nd ROUNDで対戦するカリッド・タハ(ドイツ)のことしか考えていないという。しかし、「相手のことよりも自分を高めることを意識して練習しています。相手は身体がゴツイので一発はあると思う。RIZIN独特の4点ポジションでのヒザ蹴りやサッカーボールキックには注意したい」と、相手よりも自分だと話す。

 今回は打撃の練習に力を入れた。Krushに出ている第3代Krush -67kg王者・牧平圭太、山内佑太郎、登坂匠といったHALEO TOP TEAMの面々とスパーリングを重ねてきたという。「一緒に激しくやってきました。たくさん蹴って来るので大変でした」

 2015年から無敗を誇っている大塚が、最後に負けたのが2014年大みそかに対戦した石渡伸太郎(CAVE)だ(1R3分30秒、TKO負け)。お互いに2nd ROUNDを勝ち上がれば31日のFinal ROUNDの準決勝で対戦することになる。

「意識は今はそうでもない。29日に勝ったら相当意識するかも分からないけれど、今は29日に集中しています」と、リベンジよりもまずは2nd ROUNDで勝つことだけを考えている。

「年末のビッグマッチに出たいと思っていたけれど、いざ決まったら特別な気持ちないですね。試合が決まった、くらいです。元旦は腹いっぱい美味しいものが食べたいです」と、大塚は自然体で決戦に臨むと語った。

【大会・チケット情報】 12・29 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND」

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」

●編集部オススメ

・大塚が接戦を制してトーナメント勝ち上がる

・バンタム級トーナメント組み合わせ決定、元UFCトップファイター参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース