TOP > ニュース

【Krush】神保克哉が豪語「2018年の-70kgは俺の時代」

2018/01/10(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「2018年は俺の時代にする」と意気込む神保

 1月27日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.84』で、中島弘貴(バンゲリングベイ・ スピリット) と対戦する神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)のコメントが主催者を通じて届いた。

 神保は10月の後楽園ホール大会でREBELSから乗り込んできたISKAオリエンタル・インターコンチネンタル・スーパーウェルター級王者の小西拓槙と対戦し、1Rにダウンを奪われて判定負け。

「すぐに試合をして勝って、気持ちを切り替えたいなって思っていました」というところへ今回のオファーが届いたという。「相手は本当に誰でも良かったんですよ。自分はいつも誰でもいいって言ってるので。まぁ、今回は倒せない相手でもないなって自分でも思っているので、全然嬉しかったし、ありがたかったですね」と、第3代Krush -70kg王者である中島との対戦を喜ぶ。

神保は4勝のうち3勝がKOの倒し屋

「昔は強かったイメージがあったんですけど、最近だとそんなに印象はないです」と中島はすでに過去の人と言わんばかりで、「今回はテクニックも使って、しっかり倒して勝とうかなって思っています」とKOするつもりだ。

「今年はタイトルに絡めるように、俺の時代だって感じでやっていきたいと思っています」と意気込み、「やっぱり俺が-70kgを引っ張っていかないと、この先、誰も引っ張っていけないと思う。だから自分が引っ張っていく気満々でやっていますね。2018年の-70kgは俺の時代です」と一気に主役に躍り出ると豪語した。

●編集部オススメ

・荒ぶる神保「中島を俺が終わらせてあげる」

・神保のオヤジ狩り発言に中島は「KOする」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース