TOP > ニュース

【ボクシング】比嘉が体重落ちず王座剥奪、具志堅会長が陳謝

2018/04/14(土)UP

深々と頭を下げた具志堅会長

 4月15日(日)横浜アリーナで行われるボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチの前日計量が、14日(土)13時より都内ホテルにて行われた。

 王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツジム)はフライ級リミットの50.8kgに対し51.7kgの900gオーバー。2時間以内の再計量の時まであと30分を切った頃、計量会場に具志堅会長が現れ、計量ギブアップを宣言。比嘉大吾の世界王座剥奪となった。計量失敗での世界王座剥奪は日本人初となる。

深々と頭を下げる具志堅会長

 会見で具志堅会長は「本当に日本でこんなことが起こり申し訳ありませんでした。(計量失敗の理由は)これから明らかになると思います。(前回の世界戦から2ヶ月という短期間だったのではの質問に)全て私の責任です」と重ねて深々と頭を下げた。


 また、この時間までどのように体重を落としたかについては「とにかく汗が出ません」と比嘉の状況を説明した。

900gオーバーで王座剥奪となった比嘉

 明日、試合が行われるかどうかについてはJBCの安河内事務局長は「明日朝に当日計量をして判断します。(リミット体重の)10ポンドか10%オーバーくらいまでは試合を行う予定でいます。ただフラフラの状態で試合行わせるわけにもいかないので、そこは体調も見て判断していきます」とした。

●編集部オススメ

・比嘉大吾が計量で900gオーバー、2時間以内に再計量へ

・「今日の比嘉は弱そう」、挑戦者ロサレスがKO宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース