TOP > ニュース

【ボクシング】比嘉大吾が計量で900gオーバー、2時間以内に再計量へ

2018/04/14(土)UP

1回目の計量で900gオーバーだった比嘉。ピンチを迎えた。

 4月15日(日)横浜アリーナで行われるボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチの前日計量が、14日(土)13時より都内ホテルにて行われた。

 王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツジム)はフライ級リミットの50.8kgに対し51.7kg900gオーバー。2時間以内の再計量でリミット内に持っていかなければ、王座剥奪となる。

一発クリアしたロサレスは国旗を持って余裕のポーズ

 クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)は50.5kgで一発クリアーした。

 ロサレスはオーバーした比嘉について「すごく残念だし、悲しく思っている。なぜなら、比嘉選手がこれで体重を作れなかったらタイトルを失うし、自分の夢を失うのと同じようなこと。比嘉選手のために心を痛めている。体重を落としてくれて試合ができることを祈っています」と通常のタイトルマッチを行えることを望んだ。

 通常は体重がオーバーしても試合ができる。しかし、比嘉が勝ってもタイトルは戻らないが、挑戦者が勝てば、新王者となる。

 

●編集部オススメ

・「今日の比嘉は弱そう」、挑戦者ロサレスがKO宣言

・比嘉大吾、連続KO記録更新宣言「1Rから全力で倒しに行く」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース