TOP > 試合結果

【K-1】無敵ゲーオがK-1世界トーナメントをも制す

2014/11/03(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ゲーオ・フェアテックスの動画
WPMF、RISE等の試合動画、テクニック動画を公開中!


▼第4試合 K-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメント一回戦第3試合
ゲーオ・フェアテックス(タイ/FAIRTEX/WPMF世界スーパーライト級王者、元ルンピニースタジアム認定フェザー級王者、元WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者) 
判定3-0 ※三者とも30-29
山崎秀晃(チームドラゴン/第3代Krush -63kg級王者)
※ゲーオが準決勝に進出

 1R、ゲーオが高速ハイキック、鋭い左ストレートを放つたびに場内から大きな歓声が沸き起こる。山崎はなかなか入ることが出来ず、ゲーオの圧力に下がるが、ラウンド終了間際に打ち合いに行った。

 2R、ゲーオの左ローの炸裂音で場内がどよめいた後、山崎は打ち合いに持ち込むがゲーオはクリンチで封じる。その後は山崎のパンチに左ミドル、左ハイを合わせ、左ハイで山崎が大きくグラついた。

 3R、ゲーオは山崎のパンチに合わせて左ハイと左ストレートを使い分ける。山崎は飛びヒザ蹴りの奇襲、もらったゲーオだがすぐに左ハイを返す。ゲーオはさらに左ハイから飛びヒザ蹴り。山崎はバックブローで勝負をかけたが、ゲーオの判定勝ちとなった。


 


▼第3試合 K-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメント一回戦第2試合
左右田泰臣(シルバーウルフ/前RISEスーパーライト級王者)
KO 2R2分43秒
木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)
※左右田が準決勝に進出

 1R、圧力をかけるのは左右田だが、攻撃はほとんど出ない。逆に木村は積極的にパンチを繰り出すが、左右田はよく見て防御に徹した。

 2R、木村は左アッパーと左ボディブローを使い分け、左ヒザも突き刺す。

 しかし、左右田は組み付くと右ヒザ蹴りを連打。片手で頭をおさえながら右ヒザを連打してダウンを奪い、さらにヒザで畳みかけてTKO勝ちした。

 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ゲーオ・フェアテックスの動画
WPMF、RISE等の試合動画、テクニック動画を公開中!

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2014年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック