TOP > ライフ 一覧

講師紹介 二重作拓也プロフィール

講師紹介

Dr.F (どくたーえふ)

本名:二重作拓也(ふたえさく・たくや)

 

福岡県北九州市出身。明治学園中学校、福岡県立東筑高等学校、国立高知医科大学卒業。
格闘技医学会代表、日本医師会認定健康スポーツ医、日本臨床スポーツ医学会、日本リハビリテーション医学会員。

8歳の頃からカラテをはじめ、中学時には柔道も経験。高校生のとき養秀会2段位取得、指導員となる。17歳の時、日米大会高校生代表選手となり、フロリダ州パナマシティーでのオープントーナメントに出場。大学入学と共に極真に入門。高知医科大学極真カラテ同好会初代主将をつとめる。その後、フリーで白蓮会館西日本大会に参戦し優勝。
格闘技と医学の両立を目指し上京し、極真城南川崎支部・渋谷道場にて塚本徳臣に師事する。激務に追われる研修医時代に、城南支部内大会優勝、極真福島大会優勝、および全日本ウエイト制軽量級出場を果たす。
スポーツドクター資格取得後、リングス、極真、総合などのリングドクターを経て、格闘技専門のスポーツドクターとして「強くなる医学」を研究・実践。K-1の新田明臣、小比類巻貴之、西山誠人、ヴァージル・カラコダ、PRIDEのゲーリー・グッドリッジ、女子キック王者・グレイシャア亜紀、カラテ世界王者・塚本徳臣(新極真会) ら、トップ選手のチームドクターとして活躍する。

主な著作に、「ジュニア格闘技・武道安心安全強化書」「格闘選手に学ぶ医学的自己改善トレーニング」、DVDに「格闘技の運動学DVD1&2」「KOの解剖学顔面篇」「KOの解剖学ボディ&下段篇」がある。

 

☆勝つための格闘技医学 応急処置編の本文

☆勝つための格闘技医学 応急処置編の動画

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > ライフ 一覧