TOP > インタビュー 一覧

 8月7日(日)東京・有明コロシアムで行われ る「THAI FIGHT EXTREME JAPAN」で、“ムエタイ8冠王”ヨーセングライ・フェアテックス(タイ)と対戦する白須。K-1 WORLD MAXの常連選手として活躍、バット折りローキックでその名を轟かせた彼が1年4カ月ぶりに復帰する。空白の期間、そしてヨーセングライ戦への特別な想い を告白。(2011年8月3日UP)

PROFILE
白須康仁
(しらす・やすひと)
1980年4月24日、千葉県木更津市出身
身長170cm、体重70kg
2001年11月3日、MA日本キックボクシング連盟でプロデビュー
2003年11月24日、7戦目でMA日本ウェルター級王座を獲得
2006年6月30日、K-1 WORLD MAXに初出場。リザーブファイトで勝利
同年12月3日、NJKFの笛吹丈太郎を破りWMAF世界スーパーウェルター級王座に就く
2008年3月9日、クンタップ・ウィラサクレックにTKO勝ち
2009年11月22日、龍二とK-1MAX出場者決定戦を争うも敗れる
キングビースト所属

■ヨーセングライとはどうしてもやりたかった

ーー試合は2010年4月7日にRISEでオ・デュソクと戦って以来になりますね。なぜ1年4カ月も空いてしまったのでしょうか?

「オ・デュソク戦でかなり酷い怪我をしてしまい、その治療に時間がかかってしまいました」

ーー練習はいつ頃から再開されたんですか?

「本格的に始めたのは5月くらいからです」

ーー長期間休んでいる間はどういうお気持ちでしたか?

「早く試合がしたくてムズムズしていました」

ーー焦りもありましたか?

「年齢も年齢なので(31歳)焦りはありました。しっかり治して、早く試合がしたいって思ってましたね」

ーー白須選手はK-1MAXの常連ですが、去年の若手が活躍したMAXを見てどう思っていましたか?

「やっぱりムズムズしていました(笑)」

ーーTHAI FIGHTでの復帰戦が決まりましたが、ヒジありルールは2008年10月5日のユー・ヤングロック戦(WMAF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ)以来になりますよね?

「そうです。けっこう前になりますね。自分、K-1ルールの試合が多いんですが、ヒジありもけっこう好きなんですよ」

ーーヒジ打ちは得意でしたよね。

「いやあ、得意とまでは言いませんが好きです。首相撲からのヒジって面白いんですよ。いつ何が来るか分からないっていうのがスリリングで」

ーー復帰戦の舞台としてTHAI FIGHTを選んだのはなぜですか?

「対 戦相手がヨーセングライ選手だというのが一番の理由です。K-1に出たことがあるじゃないですか(2006年6月30日にオープニングファイトでカマル・ エル・アムラーニと対戦してダウンを奪っての判定勝ち)。あの時に初めて見たんですが、それからずっと“スゲェな、1回やりたいな”って思っていたんで す。

 実はM-1でクンタップ選手と2度目に対戦した時、倒して勝ったらヨーセングライ選手と対戦できるチャ ンスをくれるというような話があったんですよ。それでKOで勝って、何度か話はあったんですが、向こうの試合が決まっていたり、僕の方がK-1のリザーブ マッチが決まっていたりと、なかなか縁がなくて。3回くらい流れているんです」

ーーそうだったんですか。

「だから今回の話が来た時に、どうしてもやりたかったので二つ返事でOKしました」

ーー3年越しの想いだったんですね。なぜそこまでヨーセングライ戦に魅力を感じていたんですか?

「それは ・・・

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

<スポンサーリンク>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧