TOP > インタビュー 一覧

20120702_nakai_rin_011

 7月1日(日)東京・新宿FACEで開催された『PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR』ではラウンドガールに初挑戦し、話題を呼んだ中井りん。その翌日にはパンクラス入団を発表、9月にはバンタム級初代クィーン・オブ・パンクラシスト決定トーナメント出場も決まり、今後の活躍に期待がかかる。(取材日:2012年7月2日)

PROFILE
中井りん(なかい・りん)
1986年10月22日、愛媛県松山市出身
身長155cm、試合体重56.0kg
2006年10月1日「パンクラス BLOW TOUR」の伊藤あすか戦で総合デビュー。
2007年9月6日「スマックガール 2007~女王たちの一番熱い夏~」でアシャ・ザ・バシャに腕十字で一本勝ち。
2008年12月7日「パンクラス SHINING TOUR」でWINDY智美からTKO勝ち
2010年9月26日、「ヴァルキリー 07」の女子無差別級初代チャンピオン決定トーナメント準決勝で超弁慶と対戦、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。
2010年11月28日、「VALKYRIE 08」女子無差別級初代チャンピオン決定トーナメント決勝戦で佐藤瑞穂に勝利し初代王者に
2012年5月20日、パンクラスの沖縄大会で木村響子から一本勝ち
2012年7月1日付けでパンクラスに入団
MMA戦績:12戦11勝(5S・3KO)1分
パンクラス所属

■第1章 「ラウンドガール挑戦までに努力したことは?」に対する意外な答え

――ラウンドガールに初挑戦した感想は?

「恥ずかしかったので凄く緊張しました。自分的にはうまく出来なかったんじゃないかと思っています。体が硬くなってしまい、ぎこちなかったですね。納得できる出来ではありませんでした」

――大会終了後、パンクラスの酒井正和新代表は「初めてのラウンドガール挑戦で普通はあそこまでなかなか出来ないもの。好評であれば、またどこかのタイミングでお願いしたいと思います」と高く評価されていました。

「代表にそう言っていただけたなら、凄く気が楽になりました。嬉しいです」

――リングに上がったらどういうふうにウォーキングしようというイメージがあったんですか。試合とは違う感覚はありましたか?

「試合とは違う緊張感がありました。試合は日ごろ練習してきたことを出す場ですし、生活習慣から全部その日のために時間をかけます。でも、ラウンドガールだと、お客さんに対してインターバルの2分間をどう見せていいのかわかりません。酒井代表からは『自由にやっていいよ』と言われていたので、格闘家らしい一面を取り入れようと思いウォーキング中にパンチを出したりしました。最後のY字バランスでは、自分の良さを見せられたと思います」

――Y字バランスには会場もどっと沸きましたね。

「そうですね。ビックリしてくれたかなと思います(笑)」

――ラウンドガールの挑戦が決まってから、大会当日まで努力したことは何かありますか。

「何をしていいのかわからない部分があったので、練習はしませんでした。コスチュームに関しては、水着を見に行って丸1日かけて探しましたね。通信販売でも2、3個取り寄せてみたのですが、実際に着てみたらサイズが合わなかったり、思ったようなものではなかったりしました。悩んだ結果、ちょっと大人っぽくセクシーな作りの物にしました。あれは高級なものなんですよ」

――そうだったんですね! 大会後にはファンとの交流会もありましたが、ファンの皆さんの反応はどうでしたか?

「最高だったと誉めて下さいました(笑)。4、5年前から応援してくれる方が10名ぐらいいて、私はファミリーと呼んでいるのですが、そういう方々も誉めてくれて本当にありがたいと思います」

――今後もまたラウンドガールでリング上に立つことも考えていますか。 ・・・

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

  • 1
  • 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > インタビュー 一覧