TOP > インタビュー 一覧


 11月17日(土)東京・両国国技館で開催される立ち技格闘技世界最強決定戦『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2012』のトーナメントリザーブマッチでアンディ・リスティと対戦する日菜太(クロスポイント吉祥寺)。今年1月オランダで開催されたIT’S SHOWTIMEでリスティの怒涛の攻撃の前に、日菜太はほとんど何もさせてもらえないまま、僅か1R1分58秒で屈辱のKO負けを喫してしまった。10カ月という短いスパンでリスティとの再戦を受けた理由とは!?(取材日:2012年11月6日)

PROFILE
日菜太(ひなた)
本名:渡辺日菜太
1986年8月26日(25歳)、神奈川県出身
身長181.5cm、体重70kg
2005年6月19日、RISEディファ有明大会でプロデビュー
2008年7月4日、RISE初代王者決定戦で龍二を判定で下し、RISE-70kg初代王者に輝いた
2009年2月23日、K-1 WORLD MAX日本代表決定トーナメントに初参戦、前年王者の城戸康裕を破る
2010年3月27日、K-1 WORLD MAX日本代表決定トーナメントで山本優弥を破り第3位入賞
同年7月31日、RISE後楽園大会で2008年K-1 WORLD MAX世界トーナメント準優勝アルトゥール・キシェンコにKO勝利
同年9月18日、シュートボクシングルールでアンディ・サワーにチョークスリーパーで敗れる
2011年7月18日、IT’S SHOWTIME JAPANでジョルジオ・ペトロシアンに挑むも判定負け
同年1月28日、オランダで開催されたIT’S SHOWTIMEに出場、アンディ・リスティに1RでKO負け
2012年4月15日、REBELSで藤田ゼンを2RでTKOに破る
2012年6月2日、RISEでヘンリー・オプスタルに3RKO負け
2012年9月17日、シュートボクシング S-cup査定試合に臨むもウォーレン・スティーブルマンスに判定負け
2012年10月28日、REBELS.13で網本規久に2RKO勝ち  
戦績:24勝(9KO)13敗1分
クロスポイント吉祥寺所属

 

 

■リスティ戦での敗北から10カ月…再戦をする理由

――大会が近づいてきましたが、現在はどういう心境ですか。

「先週末に今回のリスティとの再戦が決まりました。それまではオプスタイルが相手だと聞いていたのですが、急にリスティとの試合に変わったのでビックリしました。もうやるしかないなと思って、今は腹を括っています」

――今年1月のIT’S SHOWTIMEでリスティと対戦して1RKO負けに終わりました。あれから10カ月しか経っていませんが、どうしてこの短いスパンで再戦をやろうと思いましたか。

 「今年初めての試合であんな負け方をしてしまって調子を狂わされてしました。僕が勝ち続ければ、遅かれ早かれどうせやる相手なので今回やることに決めました」

――ご自身の中であの敗戦から今までの期間でリスティとの差は縮まっている自信はありますか。

「あいつとまともに打ち合って勝てる選手というのは誰もいないと思います。うまく自分のペースでやることが目標ですね」

――リスティとの試合はここ最近の日菜太選手にはなかったような一方的な敗戦だったわけですが、もう一度やることに関して怖さはなかったですか。

「僕のスタイルで勝負したときに一番相性の合わなかった選手だったので怖さはありますね」

――あの敗戦での反省を踏まえて特別に練習していることは?

「あの敗戦で変えたこともありますし、このままではいけないなと逆に見えた部分もありました。負けて気付くこともたくさんありましたね。前回と同じように戦ったらバカなので、前回と同じような戦い方をしないことを心がけています。試合映像を何回か見たのですが、今までで一番悔しい負け方でした」

・・・

日菜太インタビュー内容
■第1章 リスティ戦での敗北から10カ月…再戦をする理由
※以下、会員の方のみご覧になれます。 
第2章 「周りから何と言われるかわかりませんが…」リスティ戦で考えていること

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧