TOP > インタビュー 一覧

  3月3日(日)さいたまスーパーアリーナで開催されるUFCの日本大会『UFC JAPAN 2013』に、ゲストファイターとして招かれたグローバー・テイシェイラにインタビュー。UFCで3連勝中、MMA戦績20勝2敗という驚異のライトヘビー級新世代ファイターに迫ってみた。(取材日:2月28日)

PROFILE
1979年10月28日、ブラジル出身
身長187.96cm、体重92.99kg
2002年6月7日にMMAでプロデビュー
このデビュー戦と2005年5月26日の4戦目で敗れて以降、連勝街道を突っ走る
2012年5月26日、UFCデビューを飾り、現在3連勝中
ノヴァ・ウニオン所属

■第1章 格闘技を始めたのは22歳の時だった

 ーー格闘技を始めたきっかけから教えてください。

「子供の頃からボクシングが好きだったし、ブルース・リーの大ファンだったんだ。それで自分も何か格闘技を学びたいと思い、柔術の道場に通い始めたことが格闘家になるきっかけになった」

ーー若いのにブルース・リーを知っているんですか。どういうところが好きだったのでしょう?

「彼は精神が強い。ファイターとしても強いだろうけれども、それよりも精神が強く、何が来ても恐れない、何が来ても立ち向かう。その精神の部分が好きだったね」

ーーブルース・リーが好きならなぜ空手やカンフーを学ばなかったんですか?

「僕が生まれ育った町はとても小さくて、空手やカンフーの道場は一切なかったんだ。だから柔術を始めたのも22歳の時で、ブラジルではなくアメリカに渡ってから始めたんだ」

ーー強くなりたい理由は何だったのでしょう?

「僕の実家は農家を営んでいて、毎朝5時に起きて牛の乳搾りをしたり、お米の苗を植えたり、沼地に馬を走らせて耕したりと、そういう作業を6歳の頃からやらされていたんだ。だから身体が強くなければいけないとずっと思っていて、強い人に憧れるようになったんだろうね」

ーー22歳で柔術を始めるまで、何かスポーツはやっていたんですか?

「いや、特にやっていなかった。サッカーはやっていたけれど特に上手くはなかったね(笑)」

ーーでは、その強い身体は農作業で養ったものなんですね。

「そうなんだ。時々、家の農業を手伝っていたという話ではなく、本当に毎日ハードに働いていたからね」

ーーその生活は何歳まで?

「6歳からお父さんのお手伝いを始めて、9歳からは本格的にやっていた。19歳でアメリカに渡るまで続けていたよ」

ーーブラジルからアメリカに渡ったのはなぜ?

「アメリカの方が生活環境はいいということで、アメリカで働いて家族に仕送りをしたり、自分自身もブラジルの過酷な環境ではなくもう少しいい生活をしたいと思い、仕事をするために渡ったんだ」

第2章「デビュー戦で負けて一念発起!」デビュー戦で負けたテイシェイラがとった行動とは? ・・・

グローバー・テイシェイラ インタビュー内容


■第1章 格闘技を始めたのは22歳の時だった
※以下、会員の方のみご覧になれます。
第2章 デビュー戦で負けて一念発起!

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧