TOP > ニュース

【PXC】5・18フェザー級王者タクミがフィリピン遠征試合

2013/05/08(水)UP

▲パンクラス王者のタクミが海外の大会に参戦

 5月18日(土)フィリピンのYnares Sports Arenaで開催されるMMA(総合格闘技)大会『Pacific X-treme Combat 37』(通称PXC)に、パンクラスのフェザー級王者タクミ(パラエストラ大阪)が参戦することが決まった。

 タクミの対戦相手はリカルド・サプノ(フィリピン/BEEFIT PYTHONS PIT)。6勝1敗と好成績をマークしている新鋭で“マタドール”(闘牛士)の異名を持ち、勝った試合が全てパンチによるTKO勝ちかチョークと腕十字による一本勝ちという選手。一方のタクミは2000年にデビューしたベテラン選手で、30戦を超えるキャリアを持つ。現在2つの引き分けを挟んで6戦負けなしだ。

 PXCのCEOであるEJカルヴォはタクミの参戦に関して、「パンクラス・フェザー級王者であるタクミ選手をPXCに迎えることが出来、パンクラスには大変感謝しています。タクミ選手の経験とPXCのヤングジェネレーションのぶつかり合いは、エキサイティングな作品となると確信しております」とコメントしている。

「Pacific X-treme Combat 37」
2013年5月18日(土)フィリピン・Ynares Sports Arena

<主要対戦カード>

▼フェザー級(65.8kg) 5分3R
リカルド・サプノ(フィリピン/BEEFIT PYTHONS PIT)
vs
タクミ(パラエストラ大阪)

▼PXCバンタム級タイトルマッチ 5分5R
クリサント・ピットピットンゲ(フィリピン/王者)
vs
田中路教(リバーサルジム横浜グランドスラム/挑戦者)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース