TOP > ニュース

【パンクラス】ルール改定でヒジ打ち解禁、サッカーボールキックは禁止に

2014/04/03(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲3・30横浜大会のメイン、セミで決め手となったサッカーボールキックは禁止となる

 パンクラスは4月からのリング(ロープで囲まれた四角いリング)からケージリング(金網で囲まれた10角形のリング)への移行に伴い、オフィシャルルールを改定したと発表した。

 ナンバーシリーズ(シリーズ名に通し番号が付く大会)の試合場は全てケージリングで行い、ナンバーシリーズ以外でリングを使用する際も同ルールが採用される。

 大きく変わるのは、これまで5分2Rと5分3Rだった試合時間が3分3Rと5分3Rになり、ヒジ打ちが解禁となる(マットに向かって垂直に振り下ろす打ち方を除く)。そしてグラウンド状態(選手の足首より下の部分以外がマットに着いている状態)にある相手への頭部への足による打撃攻撃が禁止となり、サッカーボールキックや踏みつけが認められなくなった。

 主な変更点は以下の通り。

・試合場はケージを基本とする。
・シューズの着用を禁ずる。
・ニーパット等、緩衝材の入った競技用具の着用を禁ずる。(アテナは別規定あり)
・審判員からのワセリンの塗布を受けなければならない。
・試合時間は3分3Rと5分3Rの二種類
・グラウンドポジションの定義は競技者の足部(足首より下の部分)以外の体の部位がマットに着いている状態。
・採点は10ポイントマストシステムを標準のシステムとする。(ただしまれに10-10となるイーブンのラウンドもある)
・ヒジ打ちの解禁(マットに向かって垂直に振り下ろす打ち方を除く)
・グラウンド状態にある選手の頭部への足による打撃攻撃を禁止。
・グラウンド状態にある選手を踏みつける行為を禁止(身体に対しても不可)
・相手の頭や首をマットに垂直に落とす行為を禁止(いわゆるスパイキング)
・試合インターバル中リング内に入れるセコンドは1名。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース