TOP > ニュース

【シュートボクシング】RENAがシーザージムに移籍

2015/06/04(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲シーザージムに移籍したRENA(右)とシーザー武志会長

 6月4日(木)都内にて記者会見が行われ、Girls S-cup世界トーナメント3連覇のRENAが6月1日付けでシーザージムに移籍し、今後は東京を活動拠点にしていくことが発表された。

 RENAは「夢の可能性を広げるためにシーザージムへ移籍することになりました」と挨拶し、「ここ数年は試合に対するモチベーションが低下していました。それでもジムと後輩のためにと頑張って来ましたが、この状態で何年続けられるのか不安でした」と、悩んでいたことを告白。

 そんな時、友人でもあるシュートボクサーのクリスティーナ・ジャルジェビックの元でホームステイ(オーストラリア)したことで、自分を見つめなおすことが出来たという。

「自分自身のために残りの格闘技人生を送りたいと思いました。及川道場に相談したところ理解していただき、シーザー武志会長にもわがままを聞いていただいて、円満に移籍させていただくことになりました」

 シーザージムにはこれまでも出稽古で練習したことがあり、「甘えがきかない状態で自分を追い込めるのはここしかないと思った」と言い、「東京には女子の選手が多くいるので、今まで出来なかった女子とのスパーリングなどの交流をしてみたい。また、格闘技を楽しむ目的で寝技の練習もしてみたいと思っています」と希望する。

 そして、8月21日(金)東京・大田区総合体育館で開催される『SHOOT BOXING Girls S-cup 2015』で予定されている女子初代世界王者決定戦については、「環境が変わって不安がないと言えば嘘になります。でも私は追い込まれた方が強くなる部分があります。他にトーナメントもありますが、格の違いを見せるような試合が出来るように練習します」と意気込んだ。

 会見に出席したシーザー武志シュートボクシング協会会長は、「女子選手に足りないのは一発KO。ひとつひとつの技にいかに自分の体重をかけて的に集中して打てるか。そういう部分を強化していきたい」と、RENAをもっとKOが出来る女子ファイターに育てて行きたいと語った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース