TOP > ニュース 一覧

【IGF】石井慧、次戦で対戦したい相手について明言

2015/08/31(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

囲み取材に応じた石井

 8月29日(土)東京・両国国技館にて開催された『INOKI GENOME FIGHT 4』でウィリアム・ペン(アメリカ)に勝利した石井慧(ブラック・ハウス/レインMMA)が、8月31日(月)都内にて囲み取材を行った。

 180cm、115kgの巨漢を誇るペンを1Rにチョークスリーパーで下した石井は「周りから完勝といわれますが、勝ち負けよりも練習してきたスリーパーで勝てたことが嬉しい」と試合を振り返る。

 現在、オランダ在住の石井は来週に帰国し練習を再開するという。次戦については10月か11月に開催されるロシアの格闘技団体「M-1 Global」の大会出場を希望、マルチン・チュブラ(ポーランド)との対戦をアピールした。

「チュブラは元M-1のチャンピオンで5月に初黒星を喫しているのですが、それまで11連勝していて若くて勢いのある選手。UFCの選手を含めたMMAの世界ランキングでトップ10~20位に入る選手なので、対戦できたら自分の成長にもつながると思います」

 2011年大みそかに対戦したエメリヤーエンコ・ヒョードルが現役復帰を表明し、再戦も気になるところだが、石井は「まずは目の前のM-1。先のことよりも1日1日を大切に、元阪神の(ランディ・)バースがフルスイングするように過ごすことが大切です」と答えるに留まった。

☆8・29「INOKI GENOME FIGHT 4」の試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧