TOP > ニュース 一覧

【ベラトール】ヒョードル参戦決定、来年2月に元UFCファイターと初戦

2016/11/20(日)UP

ヒョードルは11月19日の『Bellator 165』の会場に姿を見せ、参戦を発表した

 11月19日(土・現地時間)『Bellator MMA』はエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)との複数契約を結んだことを発表。来年2月18日(土・同)アメリカ・カリフォルニア州サンノゼにて開催される『Bellator 172』で、元UFCファイターのマット・ミトリオン(アメリカ)を相手にデビュー戦を行うことが決まった。

 ヒョードルは昨年大みそかのRIZINで約4年ぶりに現役復帰を果たし、DEEPメガトン級(無差別級)王者シング“心”ジャディブにTKO勝ち。今年6月の復帰第2戦目では、元UFCファイターのファビオ・マルドナドに追い込まれる危うい場面もあったが、判定で勝利して2連勝を飾っている。

現役復帰第1戦目でシング“心”ジャディブ(下)に圧勝したヒョードル(上)

 その後も現役続行の意思を示しており、UFCと交渉している可能性が報じられるなど、今後の去就が注目されていた。しかし、10月末頃にアメリカの複数メディアが、Bellatorがヒョードル参戦を計画していることを報じ、契約発表は近いと見られていた。

 ヒョードルのBellator初陣の相手となるミトリオンは、元プロアメリカンフットボール選手という経歴を持つファイター。UFCファイター育成番組「TUF」のトーナメントに出場後、2010年に本戦初出場。”最強喧嘩師”こと故キンボ・スライスをTKOで下し、初陣を勝利で飾っている。その後も、シーク・コンゴやロイ・ネルソンといったUFCヘビー級の強豪たちと拳を交えてきた。

ミトリオン(左)と対面したヒョードル(右)

 昨年6月にベン・ロズウェル、今年1月にトラヴィス・ブラウンに連敗を喫すると、3月にBellator移籍を発表。6月に迎えた移籍第1戦目で初回KO勝ちを果たし、続く7月の第2戦目ではIGF WORLD GP トーナメント優勝者オリィ・トンプソンもTKOで破り、現在2連勝中と勢いを取り戻している。

 ヒョードルの参戦実現についてBellatorのスコット・コーカー代表は、「ヒョードルはリングの中でも外でも伝説的な存在です。そんな彼がこれからアメリカのMMAファンたちの前で戦いを繰り広げることになり、私も気持ちが高ぶっています。ヒョードルと継続的な関係が築けること楽しみにしています」と、喜びコメントを発表している。

PHOTOS=Bellator MMA(C) 

●編集部おススメ記事
ヒョードルが現役続行の意志、UFCとも交渉か
ヒョードルが復帰2戦目、あわやの場面も判定勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧