TOP > ニュース

【NJKF】MOMOTAROが一仁との王者対決に”新スタイル”で勝利宣言

2018/09/12(水)UP

NJKFのエース・MOMOTARO(左)が王者対決に挑む

 9月22日(土)『NJKF 2018 3rd』(東京・後楽園ホール)のメインイベントにWBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者のMOMOTARO(28=OGUNI-GYM)が出場する。

 試合はスーパーファイトの57.5kg契約で行われ、対戦相手は5月に戴冠を果たしたJ-NETWORK同級王者・一仁(28=真樹ジムAICHI)。

 MOMOTAROは昨年3月のタイ・ランシットスタジアムでの一戦までは14連勝。サウスポーから伸びやかに放つ蹴り技が持ち味だ。元NJKFフェザー級王者でもあり、今回は1年ぶりのNJKFへの凱旋試合となる。

強烈な顔面前蹴りを見舞うMOMOTARO

一仁は16年にMOMOTAROと同じジムの日下滉大に判定勝ち。その試合を見ていたMOMOTAROは「(一仁は)気持ちが強くてガンガン前に来て、組んで倒してみたいな展開で勝利していた」と分析。

「そういう戦いをさせないよう自分のスタイルで距離を取って倒せる時倒しに行く、新しいスタイルを出したい」と話す。これまで効いていても見てしまい判定勝ちになった例もあることから「行ける時があったら行く」をテーマにアグレッシブに攻め込むと言う。

J-NET王者・一仁(左)もまた蹴りを得意とする

 一方、対戦相手の一仁は「僕もMOMOTARO選手のように蹴りが得意なので、お互いの蹴り対決が見せられればと思います。元々空手をやっていて、コンビネーションの中で出す蹴りが得意。ミドルキックは右も左も自信があります」と互いの得意技で勝負するとした。

「MOMOTARO選手は名前も売れてるトップ選手なので、ここで勝てば僕の名前も売れるし、WBCの方にもどんどん出てベルトを狙っていきたいので絶対勝ちます」とビッグネームを食い、更にのし上がるとした。

●編集部オススメ

・MOMOTARO、WBCインター王座をKOで奪取

・新マスコットガールが14連勝中MOMOTAROの素顔に迫る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース