TOP > ニュース

【KNOCK OUT】山口侑馬が王者・不可思にKO宣言! 4年前の再戦に「殺ってやろうという感じ」

2018/11/27(火)UP

大きなチャンスに”殺る気満々”の山口

 12月9日(日)東京・両国国技館で開催の『KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館』に出場する、INNOVATIONライト級王者・山口侑馬(23=山口道場)が意気込み、対戦相手の現KING OF KNOCK OUTスーパーライト級王者・不可思(27=クロスポイント吉祥寺)に「ダウンを取った上で倒すことを狙っていきます」と堂々KO宣言が飛び出した。

左フック直撃でダウンを奪い、そのままTKO勝ちした山口

 両者は14年3月にホーストカップで対戦しており、2Rにタオル投入のTKOで山口が勝利している。山口は「勝ったと言っても、僕がパンチでダウンを取った時に不可思選手が倒れて足を痛めたとかでセコンドからタオルを投入されてTKO勝ちでした。結果は僕の勝ちでしたけど、全然勝ったと思えなかった試合でした」と不完全燃焼だったと振り返る。
不可思は8月大会でKING OF KNOCK OUT初代ライト級王座を戴冠。山口は「僕からしたらチャンスでしかないので、もう殺ってやろうという感じですね」とKNOCKOUT王者を倒す気満々だ。

8月に王者となった不可思(右)。アグレッシブなファイター同士の一戦となる

 前の試合と比べ「不可思選手はめちゃめちゃ強くなってますし、僕も4年間場数を踏んできているので違う試合展開になると思います」と相手の成長を認めた上で、いかに自分の世界に入らせるかが勝敗のポイントになると言う。
自分の世界に引きずり込むコツとは「やはり相手に熱くなってもらうことと、距離を縮めることです」だという。ちなみに打ち合いは「自分の攻撃を当てることしか考えていなくて、相手の攻撃は見ていません。先に当てたらええやろ、という感じでいます」というまさに突貫スタイルだ。

 今年最後の試合だが「ここで勝つと負けるのでは来年はだいぶ変わってきます。勝ち続けて有名になり、応援している方が『山口侑馬と俺は友達やねんでぇ~』と人に自慢してもらえるような選手になりたいですね。それが恩返しになると思うんですよ」と応援者たちのためにも、強敵を再度倒しに向かう。

●編集部オススメ

・山口侑馬が激しい打ち合いで杉本卓也をTKO

・不可思、王者になり初陣「勝つのは当たり前」

・12・9両国国大会でラウンドガールを務める大貫彩香がGoGoクイーン初代女王に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース