TOP > ニュース

【シュートボクシング】元王者・坂本優起、2019年はタイトルマッチにたどり着く

2019/02/09(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

タイトル奪回へ負けられない坂本優起

 2月11日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催されるシュートボクシング(以下SB)の2019年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2019 act.1』で、SB日本ウェルター級1位・奥山貴大(24=ネックススポーツ/グラップリングシュートボクサーズ)と対戦する、前SB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起(34=シーザージム)のコメントが主催者を通じて届いた。

 坂本は2013年にSB日本スーパーウェルター級王座を獲得して以降、持ち前の馬力とスタミナを生かしてSB中量級エースとして活躍。しかし、これまでに2度敗れている北斗拳太郎を相手に同王座防衛戦を行うも判定負けを喫し、ベルトを失ってしまった。

 現在は王座奪還に向け再始動、昨年10月にはWBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王者・白神武央を破るなど現在2連勝中。

 昨年は「8月にモンゴルで試合をやらせてもらい、(タバヤー・ウリジバトに)負けてしまいましたが海外で試合をしたことは凄く経験になったので実りのある1年てした。10月に地元・函館で試合をして(白神武央戦)勝つことは出来ましたが、自分の力量不足で倒せなかったので課題の残る試合となりました」と振り返る。

持ち前の馬力とスタミナを生かして突進する坂本(右)

 今回の対戦相手の奥山に関しては「階級が違うので対戦相手として意識して試合を見たことはなかったが、そのうち階級を上げて戦うこともあると思っていました。強い印象はあります。奥山選手が昨年RIZINに出て70kg契約で試合をして、1Rにいい打撃を見せていて、あの攻撃は警戒しないといけないなと思いましたね」と実力を認める。

 試合に向けて「ボクシングのトレーナーに見てもらっていて、パンチのバリエーションが増えたりとプラスになっていることが多いです」と練習に手ごたえを感じており、試合は「僕が追う展開になるでしょうね。距離を取って戦うと相手の距離になるので僕がやられる可能性も出てきます」と予想する。

「年を重ねるたびに試合数が減っているので、出来るだけ試合をたくさんこなしたい。これからいい試合をして勝っていけば(北斗拳太郎が持つベルトに挑戦する)タイトルマッチの声がかかると思っているので頑張るだけです」と2019年の活躍を誓った。

 

【大会・チケット情報】 2・11 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2019 act.1」

 

●編集部オススメ

・前王者・坂本優起が王座を狙う奥山貴大と激突

・坂本優起が空道王者から2度のダウン奪い復活勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース