TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】翔・センチャイジムが最初で最後の参戦、重森陽太が迎える

2019/10/10(木)UP

重森の相手は大ベテラン・翔

 11月1日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN』の対戦カードが発表された。

 WKBA世界ライト級王者・重森陽太(24=伊原道場稲城)vs五冠王・翔(しょうた)・センチャイジム(36=センチャイムエタイジム)が決定した。61.5㎏契約のKNOCK OUTルール(3分5R※ヒジあり)で対戦する。

 重森は”進撃キッカー”の異名を持ち、多彩な蹴り技を武器に、22歳にして新日本キックボクシングで2階級制覇を達成。今年7月にはWKBA世界ライト級王座を戴冠した。

ローキック一発で悶絶KO勝ちの重森

 対する翔・センチャイジムはこれまでに5本のベルトを獲得している超ベテラン。ヒジと首相撲からのヒザを得意としており、「和製ムエタイスタイルの第一人者」として長らくトップ戦線に君臨している。KNOCK OUTには初参戦。

 4連勝中であったが、今年6月にムエタイの超大物で那須川と激闘を演じたスアキム・PKセンチャイジムと対戦してKO負けを喫した。

 翔は12月1日のムエタイオープンで引退することが決まっており、今回の試合はラストマッチを前にしたもう一つの大一番となる。「(KNOCK OUTからは)以前から何度かオファーをもらっていたんですがタイミングが合わなくて出場できず、自分の中でそこには悔いが残っていました。僕が勝ってもKNOCK OUTのストーリーは続かないけど、翔・センチャイジムという選手がみなさんの記憶に残ればと思っています」と爪跡を残すと意気込んだ。

ヒジを得意とするムエタイファイターの翔

 重森は翔の印象を「個人的にはかなり噛みあう選手」と好試合が出来ると予測。「引退も考えている中で残り少ない現役生活で自分との試合を選んでくれて感謝しています。しっかり盛り上げて互いに悔いの残らない試合にしたい」と語る。

 一方翔は、重森を「ミドルキックをバンバン入れていて、すごくテクニックがある選手」と評し「重森選手は噛みあうと言っていたが自分はかみ合わないと思っている。でもそう言ってもらって嬉しい。僕はヒジヒザなど(ミドルが得意な重森とは)ちょっと違う技が得意なタイプだが、ガチガチの試合にしたいです」と激戦を約束した。

<対戦決定カード>
▼61.5㎏契約 KNOCK OUTルール 3分5R
重森陽太(伊原道場稲城支部/WKBA世界ライト級王者/第9代日本フェザー級王者/第10代日本バンタム級王者)
vs
翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム/初代WMC日本ライト級王者/初代MuayThaiOpenライト級王者/INNOVATIONライト級王者/NJKFライト級王者/蹴拳ムエタイライト級王者)

●編集部オススメ

・スアキムが那須川との前哨戦で、翔から4度のダウン奪いKO勝利

・重森陽太がWKBA世界王座を獲得、江幡睦は強豪タイ人に圧巻の1R KO勝利

・ぱんちゃん璃奈が距離を支配しJ-GIRLS王者を完封

・ぱんちゃん璃奈、宇宙人ヘアで計量パス「心はクレイジーに、頭はクレバーに戦う」

・ラウンドガール決定、青山ひかる&山本ゆう(写真10枚)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧