TOP > 試合結果 一覧

【BOM】スアキムが那須川との前哨戦で4度のダウン奪いKO勝利、名高は階級上げ勝利

2019/06/02(日)UP

翔(左)に圧勝したスアキム(右)

BOMプロモーション
「BOM‐THE BATTLE OF MUAY THAI SEASON2 vol.2」
2019年6月1日(土)神奈川・横浜文化体育館

▼第10試合 BOMスーパーファイト ライト級(61.23kg契約) 3分5R
〇スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ/ルンピニー認定スーパーフェザー級王者)
KO 2R22秒
●翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 ルンピニータイトルを保持するスアキムは現在『RISE WORLD SERIES 2019』に参戦中。7月には大阪で那須川天心との対戦が控えているが、大一番の前に自身の主戦場であるムエタイへの参戦を決めた。対する翔はINNOVATION&WMC日本ライト級の2タイトルを保持し、現在4連勝中。

 1R、右ミドルで前進するスアキムに、翔は左ミドルを返していくも打ち合いになると右ストレートを被弾しダウンを奪われる。

 翔は立ち上がるも、スアキムはカウンターの右ストレートで2度目のダウン奪取。ここで1R終了のゴング。

 2R、前進するスアキムは右ヒジでのけ反らせて右ストレートをクリーンヒットさせダウンを奪う。最後に再び右ストレートを打ち抜いたスアキムが圧倒のKO勝ちを収めた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


ゲンカー(右)に左ミドルを見舞う名高(左)

▼第11試合 セミファイナル タイ国スポーツ協会ナーイ・カノム・トム・ライトフライ級王座決定戦 3分5R
〇名高・エイワスポーツジム(18=エイワスポーツジム/ルンピニー&ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王者)
判定3-0 ※三者とも49-48
●ゲンカー・ヌンポンテープ(タイ/タイ国スポーツ協会ナーイ・カノム・トム・ライト級2位)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 ラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムのミニフライ級の統一王者である名高・EIWASPORTS(18=エイワスポーツジム)が早くも複数階級制覇に向け発進。ライトフライ級初戦は”ムエタイの父”の名を冠するタイトルの王座決定戦に臨む。

 1R、サウスポーに構える名高は距離を取り右ジャブと左ローでけん制。ゲンカーはジリジリと前に出ながら左右のロー、ミドルを飛ばし圧力をかける。

 2R、大振りの右ローを蹴り込むゲンカーにカウンターの左ストレートを合わせるのは名高。前蹴りも交えつつ距離を保ち、遠くから飛び込みボディに膝を蹴り込む。ゲンカーは変わらず右ミドルを中心に前進し、接近戦ではヒジも見せる。

 3R、ゲンカーが圧力を強め、右ミドルを放つ勢いのまま組み付き、至近距離で肘を振るう。ゲンカーの右ミドルをキャッチし、こかしを決める。

 4R、名高が距離を保つように下がりながら左ミドルをヒット。要所で名高の右前蹴りから左ミドルが決まる。

 5R、突進するゲンカーを前蹴りでいなす名高。至近距離で左右に体ごと移動し、サイドからヒザ蹴りをゲンカーに打ち込む。パワーと体格に勝るゲンカーは前進を続けるが、名高が距離を保ち切って判定をものにした。

 試合後、名高はマイクを握り「階級を上げ始めての試合でしたが、パワーや圧力がまるで違い、いい経験になりました」と階級の壁を感じたことを語り、「次に向けてもっと良い試合ができるように練習します」と、ライトフライ級へ適応していくことをファンに宣言した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

▶︎次ページは緑川創、ラジャ再挑戦も僅差で敗れる

●編集部オススメ

・【BOM】名高、階級上げ初の試合に「KOは狙いつつ、完勝する」

・【BOM】緑川創が2度目のラジャダムナン王座に挑戦「死ぬ覚悟で全てをぶつける」

・【BOM】日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

・【BOM】スアキム戦控える翔・センチャイジム「イケる気がする」

・6.2【RIZIN.16】那須川ほか全試合結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧