TOP > ニュース 一覧

【K-1 KRUSH】タイトルに挑む元プロボクサー・佐々木洵樹、若き王者の「心を折ってやる」と勝利宣言

2019/10/18(金)UP

佐々木は元プロボクサーらしいバリエーション豊富なパンチを持つ (C)M-1 Sports Media

 11月8日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『K-1 KRUSH FIGHT.107』において、晃貴(こうき/21=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が持つK-1 KRUSHバンタム級王座に挑む佐々木洵樹(ささき・じゅんき/28=POWER OF DREAM)が15日、都内にて公開練習を行った。

 昨年6月までプロボクサーとして活動していた佐々木。日本、東洋太平洋のランカーまで登ったボクシング時代はフェザー級(-57.15kg)で戦っていた中、前戦からKRUSHバンタム級(-53kg)まで減量し、打撃の鋭さを増した。公開練習ではボクシングで磨き上げたバリエーション豊富なパンチに加え、コンビネーションでのキックも披露した。

ボクシング時代の57kgから53kgまで減量した前戦をKO勝利で飾った佐々木(右)

 佐々木は2階級相当の減量を行った結果を「研ぎ澄まされるような感覚」と表現。「体重を落としているときは多少きつさがあったんですけど、リカバリーしたらこんなに体の動きが戻るのかっていうくらいの回復だった」と、前回7月の試合前に味わった体験に驚きを感じたという。2階級落とす決断をしたきっかけは「(POWER OF DREAMの)古川誠一会長から話をいただいたのでやってみようという気持ちになった」と、全幅の信頼を置く古川会長からのアドバイスだという佐々木。結果としてその決断は良い結果を生んだことで、「適正体重を自分で判断するのは難しい」という結論に至ったという。

 KRUSHデビューからわずか3戦目でのタイトルマッチを迎える佐々木。対戦相手の王者・晃貴について「リーチは自分の方が長くて背も大きい。でも逆に中に入られた時は背が小さい方が回転の速いパンチを打てるので、そこには注意している」と晃貴のショートレンジのパンチを警戒。しかし「(晃貴は)本当に負けん気が強くて多少もらっても気にしなさそうなので、心を折ってやろうと思ってます」と真っ向勝負でねじ伏せる構えを見せた。

ベルトへの並々ならぬ意欲を見せる佐々木は王者・晃貴の「心を折ってやる」と勝利宣言 (C)M-1 Sports Media

 ボクシング時代からベルトへの想いは人一倍強かったという佐々木は、ボクシングでの最後の対戦相手となった佐川遼(三迫ジム)が今年9月に日本タイトルを獲得したことに触れると「自分が負けた相手がベルトを獲ったことには悔しい気持ちもある」としながらも、「佐川選手とギリギリの判定(2-1で佐川の勝利)までいけたので、そこは正直自信になった」と、未来の日本王者と渡り合えたことに自信を見せた。そして「自分は今KRUSHでタイトルマッチができる状態です。このままKRUSHファイター佐々木洵樹としてベルトを獲ろうと思ってます」と、KRUSHという新たな舞台で念願のベルトを巻くことを力強く宣言した。

●編集部オススメ

・【前回の試合】元プロボクサー・佐々木洵樹が初KO勝利=2019年7月

・美女ファイター・菅原美優、チャン・リーが計量パス

・11.8 王者・晃貴と元ボクシング東洋太平洋ランカー・佐々木洵樹のタイトルマッチが決定

・強打でKO勝利の不可思「テーマは“ボクシング”」12.28K-1参戦アピール

・ラウンドガール「K-1 GIRLS」が名称変更し新メンバー決定、6.30両国大会に初登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧