TOP > ニュース 一覧

【ジャパンキック】馬渡亮太vsダウサコン、石川直樹vsHIROYUKIなど全試合順決定=8.16後楽園

2020/07/27(月)UP

大会最終戦は馬渡が強豪・ダウサコンと激突

 8月16日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるジャパンキックボクシング協会主催興行『NAGAE ISM』の全対戦カードと試合順が発表された。

 第8試合に前ジャパンキックバンタム級王者・馬渡亮太(20=治政館)が登場。元世界王者のダウサコン・モータッサナイ(タイ)と対戦する。

馬渡は長くしなやかな蹴り技と多彩なヒジを武器に、すでに二冠を獲得

 馬渡は長くしなやかなミドルキックと殺傷力の高いヒジを武器とする20歳。18年9月にタイ・チェンマイスタジアム認定バンタム級王座、昨年5月にジャパンキック同級王座を獲得し二冠を達成する飛躍を見せている。昨年はNJKFで行われたS1ジャパン55kg級トーナメントに出場。決勝まで勝ち進むも、大田拓真に惜敗。今年1月に再起を果たし、今年2戦目のリングに上がる。

 対するダウサコンは元WPMF世界スーパーバンタム級王者の肩書きを持つ強豪。日本国内では小笠原瑛作に敗北しタイトルを手放したが、18年8月には安本晴翔と引き分け、勝負強さを見せつけた。

 馬渡が強豪を撃破し飛躍の足がかりとするか、ダウサコンが元世界王者の技術で新星を翻弄するか。

第7試合はエース石川とHIROYUKIの5年越しの再戦

 第7試合にはジャパンキックのエースが登場。石川直樹(33=治政館)がHIROYUKI(24=RIKIX)との約5年ぶりの再戦に臨む。

 石川は現ジャパンキックフライ級王者。大会の顔として幾度となくメインイベントに出場。今回もトリプルメインイベントのひとつに登場した。切れ味の鋭いヒジと沼に引きずり込むような組みヒザを武器に、今年1月には国内四冠の松崎公則を撃破している。

石川が得意のヒザ地獄にHIROYUKIを引きずり込めるか

 対するHIROYUKIは新日本キックで二階級を制覇。今年2月に閉鎖した藤本ジムからRIKIXに移籍を果たし、新たな舞台で戦いを繰り広げている。今年6月にはBOMスーパーフライ級王座決定戦で石井一成と対戦。判定負けを喫したものの、高密度な技術戦を披露し評価を上げた。

 両者は15年9月に対戦し、HIROYUKIが判定勝利している。エース石川が5年ぶりのリベンジを果たすか、躍進著しいHIROYUKIが返り討ちに果たすか、注目の決着戦となる。

 第3試合は女子キック戦。祥子JSK(36=治政館)とTOMOMI(38=TEAM FOREST)のミネルヴァランカー同士の対戦が決定した。

三足のわらじを履くママファイター・祥子JSK(左)。ぱんちゃん璃奈(右)とは2度対戦している

 祥子はジム経営者、2児の母、そしてキックボクサーと「三足のわらじ」を履くマルチファイター。KNOCK OUTでぱんちゃん璃奈と2度対戦しどちらも敗北するも、心の折れない戦いぶりは高く評価される。現在1分けを挟み5連敗中と厳しい道中。同じミネルヴァランカーであるTOMOMIに勝利し、復活の狼煙を上げられるか。

 その他、モトヤスック(治政館)vsジャクチャイ・ノーナクシンジム(タイ)など全8試合が決定した。

<発表対戦カード>
▼第8試合 メインイベント 日泰国際戦  kg契約3分5R
馬渡亮太(元チェンマイスタジアム認定バンタム級王者&前ジャパンキック バンタム級王者/治政館)
vs
ダウサコン・モータッサナイ(元WPMF世界スーパーバンタム級王者/タイ)

▼第7試合 メインイベント 52.5kg契約 3分5R
石川直樹(ジャパンキック フライ級王者・前スック ワン キントーン スーパーフライ級王者/治政館)
vs
HIROYUKI(前新日本キック バンタム級王者&元フライ級王者/RIKIX)

▼第6試合 メインイベント 日泰国際戦67kg契約3分3R
モトヤスック(ジャパンキック ウェルター級王者/治政館)
vs
ジャクチャイ・ノーナクシンジム(WMCインターナショナル ウェルター級王者・元ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級6位/タイ・ノーナクシン)

▼第5試合 セミファイナル ジャパンキックvsNJKF交流戦 57.5kg契約 3分3R
瀧澤博人(元新日本キック バンタム級王者・ジャパンキック フェザー級1位/ビクトリー)
vs
小田武司(NJKFフェザー級1位/拳之会)

▼第4試合 ジャパンキックvsNKB交流戦 67.25kg契約 3分3R
政斗(ジャパンキック ウェルター級1位/治政館)
vs
稲葉裕哉(NKBウェルター級2位/大塚道場)

▼第3試合 女子キック ミネルヴァルール ピン級2分3R
祥子JSK(NJKFミネルヴァ ピン級1位/治政館)
vs
TOMOMI(NJKFミネルヴァ ピン級3位/TEAM FOREST)

▼第2試合 56kg契約 3分3R
義由亜JSK(ジャパンキック バンタム級/治政館)
vs
姉川 良(REON Fighting Sports Gym)

▼第1試合 ジャパンキックvsNJKF交流戦 50kg契約 3分3R(肘なし)
空明(ジャパンキック フライ級/治政館)
vs
谷津晴之(NJKF/新興ムエタイ)

●編集部オススメ

・【新日本キック】モデルと二刀流の高橋アリス、コロナで延期だった2戦目が決定

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が計量パス、接戦の祥子との再戦に「本当に自信がある」

・【KNOCK OUT】天才・安本晴翔が連続参戦、対するは“最強先生”ウィサンレック

・プロキックボクサー世界王者、偶然居合わせた子どもと日々“特訓”で交流

・【ボクシング】赤井英和氏の長男・英五郎の東京五輪出場は消滅

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧