TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】天才・安本晴翔が連続参戦、対するは“最強先生”ウィサンレック

2020/07/25(土)UP

安本が2月大会に続く連続参戦、対するは元ムエタイ王者”最強先生”ウィサンレック

 9月12日(土)に大田区総合体育館で開催される『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2』の追加対戦カードが発表された。

 REBELS-REDフェザー級王者・安本晴翔(20=橋本道場)が2月大会に続く連続参戦。“最強先生”ウィサンレック・MEIBUKAI(38=MEIBUKAI)との対戦が決定した。

 安本はアマチュア24冠を引っ提げ16歳でプロデビュー。超新星の名を欲しいままに活躍し、既にWPMF世界フェザー級を含めた4本のベルトを獲得。現在は6連勝をマークしており、その華麗で強烈な足技と鋭いヒジ打ちの技術から、国内57.5kgヒジあり最強の呼び声も高い。

多彩な蹴り技を駆使し現在6連勝中の安本

 その安本の前に立ちはだかるのはムエタイの雄・ウィサンレック。ムエタイ二大殿堂の一つルンピニースタジアムでは二階級を制覇し、現在は日本国内で後進の指導に当たりつつ精力的に試合に出場している。
 17年8月にはKNOCK OUTのリングで那須川天心と対戦し、ヒザ蹴りでカットを奪われTKO負けを喫したが、卓越した技術で那須川のペースを乱す戦いを見せた。

 安本の前戦は2月のKNOCK OUT。数々の日本人に勝利した“日本人キラー”ダウサヤーム・ノーナクシンにカットを奪われる苦戦を強いられるも、プレッシャーをかけ続け2対1の判定をもぎ取り撃退。改めて勝負強さを見せつけた。

那須川天心戦で敗北も、卓越した技術を見せる場面もあったウィサンレック(右)

 一方のウィサンレックは7月のRISEに参戦し、RISEバンタム級王者・鈴木真彦と対戦。3RKO負けを喫したが、今回は得意のヒジ・首相撲ありルールに自信満々だという。

 果たして安本がフェザー級ヒジあり国内最強を証明するか、ウィサンレックが元ムエタイ王者の技術で超新星を封じ込めるか、注目のカードとなった。

<決定対戦カード>
▼57.5kg契約 3分3回戦(延長1R) REDルール
安本晴翔(橋本道場/REBELS-RED フェザー級王者)
vs
ウィサンレック・MEIBUKAI(MEIBUKAI)

●編集部オススメ

・GLORY戦士・久保政哉が初参戦、元極真王者・与座優貴と左ミドル対決へ

・ぱんちゃんとMISAKI、共に太く隆起した上腕にKO決着の予感

・【ボクシング】マイク・タイソンの相手は4階級制覇のロイ・ジョーンズJrに=9.12米国

・宮崎姉妹の姉・若菜が初参戦、対するは”上州の強かわエンジェル”大塚愛莉

・【新日本キック】モデルと二刀流の高橋アリス、コロナで延期だった2戦目が決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧