TOP > ニュース 一覧

元UFC世界王者クイントン ・ジャクソンがボクシング転向へ、“犬猿の仲”の元世界王者ブリッグスと対戦を熱望

2021/11/23(火)UP

ジャクソンがボクシング転向へ

 総合格闘技のビッグプロモーションのPRIDE、UFC、ベラトールなどで活躍した人気選手クイントン“ランページ”ジャクソン(43=米国)が、プロボクシングに転向する意志がある事を明らかにした。

【動画】ジャクソンの豪腕KOハイライトシーン!ボクシングへの電撃参戦はあるのか

 元UFC世界ライトヘビー級王者のジャクソンは22日のトリラー主催の格闘技イベント「トリダットコンバット」の記者会見に出席。今後の進退を問われると、「私はMMAの長いキャリアで、最高の選手達と戦ってきた。勝ったり負けたりだったが、今、自分の気持ちの中にMMAを始めた頃のスリリングさは感じられない」とMMA引退を匂わす発言。

 代わりにボクシング転向への興味を口にし、そのプロボクシングのデビュー戦では、プロボクシング元WBO世界ヘビー級王者シャノン・ブリッグス(49=米国)と対戦したいと語った。

 ジャクソンとブリッグスはSNS上でバトルする犬猿の仲。ジャクソンが19年12月に行われたRIZINとベラトールの共同主催興行のメインイベントで、皇帝ヒョードルの日本引退試合の相手を務め、TKO負けした際、その事を馬鹿にされてから、両者の間でSNS上での舌戦が続いているという。

 ジャクソンは「シャノンは本当に失礼で不謙遜なやつだ。奴を黙らせたい。今までやってきた事、嘲笑ったことの報いをさせる」といい、戦いについては「序盤からラッシュを見せて倒す」とKO宣言した。

 2年前のヒョードル戦から試合を行っていないジャクソンだが、果たして、ボクシングでの復帰はあるのか。

▶︎次ページは【動画】ジャクソンの豪腕KOハイライトシーン!ボクシングへの電撃参戦はあるのか

●編集部オススメ

・【ベラトール】クイントン・ジャクソンがKO負けのヒョードル戦を後悔「キャリア最悪な出来事だった」、現役続行に意欲も

・【BELLATOR JAPAN】ヒョードルの日本最終戦はジャクソンにKO勝利で有終の美

・元UFCヘビー級世界王者ドスサントスがボクシングに転向「私の目標は世界王者」と、フューリーらに宣戦布告

・【ボクシング】井上尚弥の凄すぎる背筋に「普通のボクサーには無いパンチ」(大橋会長)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧