TOP > ニュース 一覧

【ベラトール】クイントン・ジャクソンがKO負けのヒョードル戦を後悔「キャリア最悪な出来事だった」、現役続行に意欲も

2021/08/19(木)UP

19年12月に日本で対戦したヒョードル(左)とジャクソン(右)

 総合格闘技のビッグプロモーションのPRIDE、UFC、ベラトールなどで活躍した人気選手クイントン“ランページ”ジャクソン(43=米国)が、2年前のエメリヤーエンコ・ヒョードル戦を振り返り、現状について言及した。

【動画】ヒョードル猛打にジャクソンは防戦一方!ジャクソンが後悔するヒョードル戦のハイライトシーン

 元UFC世界ライトヘビー級王者のジャクソンは、19年12月に行われたRIZINとベラトールの共同主催興行に参戦。メインイベントで、皇帝ヒョードルの日本引退試合の相手を務めた。戦前は、ドリームマッチの発表に多くの日本ファンは喜んだが、前日計量ではジャクソンがコンディション不足が明らかな身体で登場、試合も初回KO負けと残念な結果に終わるなど、落胆する声が聞かれた。

ヒョードルのパンチに、頭を抱えるジャクソン(左)

 ジャクソンは16日に配信された米MMAニュース「The MMA Hours」の取材で当時について「前回の(ヒョードルとの)試合を辞退しなかったことを後悔している。その理由は健康上の問題があったから。でも日本で戦いたかったし、断る事は難しかった。健康状態が良くなくても1発でも当てることが出来ればチャンスはあると思っていた。でも、太ったお尻は動くことさえできなかった。キャリア最悪な出来事だった」と回想した。

 ジャクソンによれば、体調不良の原因は甲状腺機能低下症と誤診され、処方された薬を摂取してしまったこと。周囲のコーチ達のアドバイスに従い、不要な薬の摂取を中止したことで、この2年間で体調が正常な状態に戻ったという。

 ジャクソンは現在、81日の『Bellator263』で無敗のままフェザー級王者に輝いたAJ・マッキーのジムに在籍し、どの団体とも契約していないフリーエージェントの状態。「これまで何度もカムバックしてきた」と、現役続行に意欲を見せるが、果たして、次に登場する場所はどこか。再び日本のリングに戻ってくるのか。

▶︎次ページ【動画】は、ヒョードル猛打にジャクソンは防戦一方!ジャクソンが“キャリア最悪の出来事”と後悔するヒョードル戦のハイライトシーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【BELLATOR JAPAN】ヒョードルの日本最終戦はジャクソンにKO勝利で有終の美

・進化する55歳タイソン“野獣”ミット打ち映像は驚異の410万再生「この男が80歳になっても絶対に戦いたくない」と恐怖の声

・元UFC王者アンデウソン息子がデビュー戦で“ハイキック”KO!“父親そっくり”の動きで相手を8秒殺=海外キック

・【海外MMA】1発の“顔面ヒジ攻撃”で秒殺の失神KO劇!ジョン・ジョーンズ同門の新星「UFCが欲しがる!」実況=CFFC

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧