TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井岡一翔が計量パス「熱い試合する」対する福永「人生かける」

フォロー 友だち追加
2021/12/30(木)UP

計量パスの井岡(左)と福永がフェイスオフ

 12月31日(金)に東京・大田区総合体育館にて行われるWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの前日計量が30日都内にて行われ、王者・井岡一翔(32=志成)はリミットの52.1kg、挑戦者で日本&WBOアジアパシフィック同級王者の福永亮次(35=角海老宝石/WBO世界同級6位)は52.0kgでパスした。

【フォト】井岡、計量パスで堂々のマッスルポーズ

 計量後の会見で、井岡は「今回で10度目の大晦日の試合になりますが、何か伝わる熱い試合をして、少しでも盛り上がれば良いなと思います。大晦日リングに立ってボクシングで盛り上げたいという気持ちはありますし、コロナ禍でリングに上がりたくても上がれない状況になったので、(今回試合できることを)ボクサーとして、チャンピオンとしても嬉しいなと思います」とコメント。
 元々、大みそかはIBFの絶対王者アンカハスと統一戦の予定だったが、政府が新規外国人入国拒否の水際対策により中止に。「一度決まった統一戦が流れて心境は複雑でしたが、ここで立ち止まっていられないという気持ちだったので、初めての状況ですがこれも一つの挑戦だと思って、この試合に臨みます」と語った。

 対する福永は「この試合に人生かけていいと思うので、僕の気持ちとか熱いものを見てくれたらいいかなと思います。初めて大晦日に試合するのですが、見る人も多いと思うので、いい試合をして、いい年越ししたいと思います。(井岡と初めて対面して)テレビで見たことしかないので、すごいなと思って、こんな相手とするんやと思って気合入りました。今まで以上に気持ちが入ります。今までの気持ちを全て明日にぶつけるので」と意気込んだ。

 井岡は元々、大みそかはIBFスーパーフライ級王者ヘルウィン・アンカハス(29=フィリピン)と統一戦の予定だったが、政府が新規外国人入国拒否の水際対策により中止に。日本人世界ランカーと防衛戦を行うことになった。

 福永は現在の日本&WBOアジアパシフィック同級王座の他にも今年11月までは返上した東洋太平洋王座を含めると3冠を保持していた強豪。戦績は15勝(14KO)4敗と勝ちのほとんどがKO勝ち。KO率は約73%を誇り、風貌がマニー・パッキャオに似ていることから、”和製パッキャオ”、”リトル・パッキャオ”とも呼ばれる。今回が初の世界挑戦となる。

【選手データ】
・井岡一翔(32=Ambition)身長164cm/リーチ167cm/右ボクサーファイター/戦績27勝(15KO)2敗/KO率51.72%。主なタイトル:日本人初の世界4階級制覇王者、現WBOスーパーフライ級王者(防衛3)

・福永亮次(35=角海老宝石)身長168cm/左ボクサーファイター/戦績15勝(14KO)2敗/KO率73.68%。主なタイトル:日本&WBOアジアパシフィックスーパーフライ級王者、元東洋太平洋同級王者、現WBO世界同級6位、IBF8位、WBA10位

▶︎次のページは【フォト】井岡、計量パスで堂々のマッスルポーズ、その他前日計量の模様

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【ボクシング】井岡一翔、大みそかは世界6位”和製パッキャオ”福永亮次と防衛戦、TBSで生中継

・『テレビ』12.31「井岡一翔vs福永亮次」ボクシング世界タイトル戦 TV生中継・放送・配信情報

・矢沢心、ジム3回目で”美腹筋”実感し公開! 夫・魔裟斗がトレーナーに

・MISAKIがサンタ帽と”ビキニ”で計量パス! 田渕涼香も負けずにマッスルポーズ

・井上尚弥戦のラウンドガール、着物ベースの和風ハイレグ衣装で日本をアピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧