TOP > ニュース 一覧

元K-1武蔵が、空手家・数見肇や塚本徳臣と戦いたかったと告白「強さを体感したいと思っていた」

2022/01/18(火)UP

武蔵とvs数見・塚本とのスパーリング対決あるか?

 今月16日、元K-1の武蔵が自身のYoutubeチャンネルに動画を投稿し、同世代の戦ってみたかったフルコンタクト系の空手家たちについて語った。
  正道会館で空手を学び、K-1ヘビー級トップ選手として活躍した武蔵、 動画で武蔵は、K-1現役時代に強豪フルコンタクト空手家たちと戦いたいと思っていたと語る。
 その相手として極真会館(松井章奎館長)99年の世界大会準優勝・数見肇や、新極真会96、11年世界大会優勝の塚本徳臣の名前を挙げた。

【動画】塚本の胴廻し回転蹴り!一撃でKOの瞬間!  さらに武蔵が数見や塚本の動きを真似ながら解説するシーン

鮮やかな胴廻し回転蹴りで完全KOする天才・塚本徳臣=11年

 武蔵は「競技は違うけど、ちょっとやってみたい部分はありましたよ。空手ルールでいいから、どんな強さなのかを体感したいと思っていた」とフルコンタクトルールで良いので、拳を交えてみたかったようだ。

 さらに手合わせしてみたいという気持ちは「今でもありますよ」とのことで、スパーリングなどもしてみたいそうだ。すると「これ企画したいね、やりますか!」と気を上げており、Youtube時代ならではのドリームマッチの可能性があるのかもしれない。

 また武蔵は、フルコンタクト空手ではないノンコンタクト(寸止め)の伝統派空手が、なぜMMAで活躍出来るかも説明した。

UFCで活躍、ヒザ蹴りで相手の顔を突き刺すリョート

 大山倍達総裁は、伝統派空手が実践で通用しないということで極真会館を設立したが、実際には伝統派空手出身者から堀口恭司やリョート・マチダ(元UFC世界ライトヘビー級王者)がMMAの第一線で活躍していると、動画で話題になった。
 すると武蔵は「伝統派空手の最大の武器は、距離感と初速の速さ」と分析する。

 続けて「フルコンタクト空手は、ボクシングで言うとフック・アッパーが当たる距離でいきなり殴りあうが、伝統派空手は、ジャブが当たる距離からスタートする。フェイントもかけやすい、あの距離からの早い飛び込みが、すごく有利なんじゃないか」と間合い取りとスピードといった伝統派空手が、MMAという実践競技に向いていると解説してみせた。

 動画には他にも武蔵のデビュー当時の振り返りや、90年代の正道会館全日本大会の凄さなどが、座談会形式で語られている。

 ともあれ、武蔵のYouTubeで数見や塚本との夢のスパーリングの実現なるか、大いに期待したいところである。

▶次ページ:【動画】塚本の胴廻し回転蹴り!一撃でKOの瞬間!  さらに武蔵が数見や塚本の動きを真似ながら解説するシーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】アリスターが塚本徳臣に空手を学ぶ

・【正道会館】顔面打撃ありルールで伝統派空手の選手が活躍、決勝では正道の伊藤が逆転勝ちで威信守る

・【新極真会】塚本徳臣が15年ぶり2度目の世界大会優勝!最後の挑戦で有終の美を飾る

・【復活動画】五味隆典×塚本徳臣 ドリームスパーリング

・井岡戦のラウンドガール「こんなにテレビに映るとは…恥ずかしい」ファンも誰!?と話題に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧