TOP > ニュース 一覧

朝倉未来、メイウェザー戦は減量せず「パワーめっちゃある」減量無しのデメリットも

2022/09/18(日)UP

朝倉未来(写真は12日の公開練習時)

 9月18日(日)ABEMAにて『メイウェザーVS朝倉未来 最新3大情報解禁 SP!』が放送され、25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『超RIZIN』メインイベントのボクシングエキシビションマッチにて、フロイド・メイウェザー(米国)と対戦する朝倉未来(トライフォース赤坂)がオンラインで生出演した。

【フォト&動画】朝倉が公開練習でまさかのハイキック!

 朝倉は自宅でリラックスした様子で、現在の体重は「77か8kg」で、この体重で試合に臨むと言う。
 2週間ほど前のSNSでは「体重を75くらいにしよう」と書いていたが、75kgまで落とさない理由は「意外に(動きが)早かったんでいけるかな。スピードはあまり落ちていない」と減量せずともスピードがあるためと言う。

 しかしデメリットもある。朝倉は「体力がめっちゃ無いですけど」と”弱点”とも言えるスタミナの問題をあっけらかんと話す。
 続けて「体重が重いことと、ボクシングのほうが全然疲れるんですよ、慣れてないから。多分バテますね」と減量無のデメリットと、ボクシングのペースは慣れないことを素直に語る。

 ただし「パワーはめっちゃありますね」と一発の威力に自信を持つ。
 続けて「倒されてもいいから行きますよ、1Rから」と逆にスタミナ配分無視で最初から行くと言う。
 元ボクシング世界王者の内山高志や竹原慎二らが「下手にボクシングをしないほうがいい」「喧嘩でいったほうがいい」と口をそろえてアドバイスしていることについて聞かれると「最初からそのつもりです」と、喧嘩ファイトでメイウェザーのリズムを崩しにかかる。

 またボクシングシューズの履き心地について聞かれると「めちゃやりやすいですね」と好感触だとしつつ「つまづきやすいので、(試合中も)つまづいちゃう可能性がありますね。それが結果的に蹴りのフェイントになっちゃったらしょうがないと思いますね」と、わざとではないが蹴りのフェイントをしてしまうかもしれないと言う。
 さらに「蹴るつもりはないんですけど、なんか滅茶苦茶ムカついたら(蹴りが)出ちゃうかもしれないですね」と冗談ともわからない真顔で語った。

 朝倉の自然体による”喧嘩ファイト”は吉と出るか。

▶︎次ページは【フォト&動画】朝倉が公開練習でまさかのハイキック!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.25「RIZIN」(メイウェザーvs朝倉未来、皇治、堀口恭司ほか)

・朝倉未来、メイウェザー戦に向けパンチが進化!「キレエグい」「速すぎ」と驚きの声

・朝倉未来、メイウェザーに「3Rだからできる戦い、空手戦法も」公開練習の最後にはハイキック

・【超RIZIN】皇治、メイウェザーSPジジとの対戦に「お前、誰やねん。ただの金魚のフンやろ」と挑発合戦

・【ボクシング】カネロがゴロフキンに判定3-0で勝利!3度目の対戦で完全決着=9.18試合結果・速報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧