TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】カネロがゴロフキンに判定3-0で勝利!3度目の対戦で完全決着=9.18試合結果・速報

2022/09/18(日)UP

カネロ(左)とゴロフキン、勝利はどちらか(c)DAZN

【ボクシング】カネロvsゴロフキン3の試合結果・速報=9.18

 9月17日(日本時間18日)米ラスベガスT-モバイル・アリーナにて[4団体世界スーパーミドル級タイトルマッチ]が行われ、4団体同級統一王者サウル・“カネロ”・アルバレス(31=メキシコ)が、WBAスーパー&IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)に判定3-0で勝利した。
【フォト&動画】両雄の3度目の対決、激闘シーン!両者が感動の抱擁

カネロの左がクリーンヒット@DAZNBoxingより

 これまで2度ミドル級で戦った両者だったが、カネロ1階級を上げ4団体制覇。ゴロフキン が今回スーパーミドル級に上げ、カネロに挑んだ形となったが、カネロが慣れた階級もあっただろう、序盤から自身のペースで優位に試合を進めた。終盤にはゴロフキンの追い上げもカネロを倒すことはできず。3度の対戦は2勝1分でカネロとなった。

 これまで両者の対戦は初戦は引き分け(17年9月16日)、2戦目はカネロが2-0で判定勝ち(18年9月15日)。しかし2戦ともゴロフキンが勝利しているという声も高く、この3戦目で白黒がはっきりついた形だ。

 試合内容は1Rからカネロの攻撃がゴロフキンを上回る展開に。3Rにはゴロフキンが巻き返しへ強い圧力で前進するも、終盤からカネロが左ジャブを連打。ゴロフキンの圧力を押し返した。
 4R、カネロが左ジャブと右フックで攻勢、ゴロフキンをロープ際まで追い込む。
 5R、ゴロフキンに打開策はあるか、ジャブを連打するも、カネロの固いガードをこじ開けることはできない。カネロは強烈な左ボディ、右フック、右オーバーハンドを次々にヒットさせ、ゴロフキンにダメージを与える。ゴロフキンの右頬が真っ赤に腫れ上がる。

 8Rからようやくゴロフキンが徐々に挽回。終盤にはゴロフキンがジャブ、右ストレートをクリーンヒット、9R終盤にもゴロフキンの連打にカネロがロープに追い込まれる場面も。以降もゴロフキンは積極的に攻める。

 最終12R、お互い至近距離で打ち合い、クリンチの場面が増える。スピードを上げ、ジャブ、左フック、アッパーと手を出し続けるカネロ。ゴロフキンもワンツーと手を休めない。両者ダウンなく、タイムアップ。3-0でカネロが防衛した。

 カネロは勝利者コメントで「ゴロフキン、ありがとう。私たちは素晴らしい戦いを行った。彼とリング上で戦えたことを嬉しく思います。いつも応援している方々にも感謝しています」と感謝の気持ちを述べた。

試合はDAZNにて生放送、アーカイブあり。
配信:DAZN(配信ページ・視聴申込はこちら)

 

【Boxing】Canelo Alvarez vs Gennadiy Golovkin 3 result(Canelo vs GGG 3)

▶︎次ページは【フォト&動画】両雄の3度目の対決、激闘シーン!両者が感動の抱擁

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.18 カネロvsゴロフキン『4団体統一世界スーパーミドル級タイトル戦』生中継、放送、配信情報

・【ボクシング】カネロとゴロフキンが計量パス、45秒睨み合い後カネロが猛烈シャドウ!

・自衛隊“筋肉”コンテストに女子部門新設、司会に”際どい”井岡戦リングガール波田妃奈

・【フォト】話題のリングガール雪平莉左が”Fカップ美ボディ”披露

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧