TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】鈴木千裕、皇治らキックボクサーのMMA挑戦に”甘くない”「一日10時間の練習が必要」自身の経験語る

フォロー 友だち追加
2023/06/15(木)UP

鈴木はキックボクサーのMMA挑戦に「1日10時間の練習が必要」と進言した

 6月24日(土)に北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開催の『RIZIN.43』のフェザー級タイトルマッチにて、王者のクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)と対戦する挑戦者・鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)の公開練習が、15日、都内ジムにて行われ、皇治やYA-MAN、芦澤竜誠などキックボクサーのMMA挑戦についてコメントした。

【フォト】鈴木、過酷な沖縄合宿で平良達郎との練習後ツーショット

 クレベル戦の意気込みを語った鈴木に、皇治、YA-MAN、芦澤竜誠らキックボクサーのMMA挑戦について質問すると「一日10時間くらい練習しないと上達しないんじゃないですか。才能とかもありますが、MMAの選手より練習する必要があると思っています」とコメントした。

 キックとMMAの二刀流を掲げる鈴木は、元々、柔術紫帯を持っているMMAファイターからキックボクサーに転向し、そして現在はMMAとの両面で結果を出している。キックボクサーとしての色は濃いが、最低限の寝技テクニックを持つ。その鈴木でも二刀流を極める道は険しく、かなりの練習量をこなしていると聞く。

鈴木は、キックとMMAの両チャンピオンになれるのか

 ジム関係者の話では、「つい最近、沖縄で練習していたようですが、4時間を2回、計8時間やったそうです」という。普段も4回の練習をこなしているようで、その努力を知ると誰もが驚くようだ。単純にキックの練習、MMAの練習をするだけでも時間がかかるものだが、ここにフィジカルトレーニングが加わることで、その練習量は想像を絶する。

 これらの練習をこなして、初めて同じ土俵に立てるというのことなのだろう。鈴木は「もしも、その選手(キックボクサー)たちが簡単にMMAチャンピオンになれるのならば、今頃、僕はMMAの世界チャンピオンになっています。そんなに甘い世界ではないですよ」と語った。

 鈴木は本物を目指しているといい、その条件は「誰とでも戦える準備ができる選手。キック、MMA、ムエタイ、どんなルールでも勝てる選手がカッコいいし、僕はそこを目指しています」と力説した。キックボクシングのKNOCK OUT現王者の鈴木がクレベルを倒せば、キックとMMAの二冠を獲得し、彼の目指す“本物”になれる。鈴木がキック、MMAの二刀流を極めることができれば、今後、MMAに挑戦するキックボクサーたちに勇気を与えられる可能性も出てくるだろう。

 6月24日は、鈴木が“格闘技界の二刀流”として革命を起こすことになるのだろうか。結果が待ち遠しい!

▶次ページは、【フォト】鈴木、過酷な沖縄合宿で平良達郎との練習後ツーショット

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【RIZIN】クレベルvs鈴木千裕のタイトルマッチ決定「KO出来るのは俺しかいない」(鈴木)=6.24北海道

・【RIZIN】朝倉未来、クレベル99%勝利予想も、鈴木が勝つには「ブレイキングダウンを」=6.24

・この美女は誰!?海外で注目の”世界で最も美しい”女子ボクサーだっだ

・ボクシング女王ブリッジス、際どくも”マッスル”なラウンドガール時代を公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧