TOP > ニュース 一覧

井上尚弥がKO勝利、大橋会長「4団体統一へ動き出す」と宣言

フォロー 友だち追加
2023/07/26(水)UP

大橋会長(右)と井上尚弥、試合後会見にて

 7月25日(火)に行われたプロボクシング世界スーパーバンタム級2団体統一戦(有明アリーナ)では挑戦者・井上尚弥(30=大橋)が、WBC&WBO世界同級王者スティーブン・フルトン(29=米国)に8R1分14秒KO勝利し、2団体統一王者となった。井上が所属する大橋ジムの大橋秀行会長が「4団体統一に向けて動き出したいと思います」と語った。

【動画】大橋会長が4団体統一戦を宣言

 井上の試合を振り返り「あそこまで完璧に技術戦で上に行けるとは思わなかったので、左ジャブとかすごく良かったですね」とコメント。

王者フルトンを圧倒した井上

「判定勝ちでも良かったんですけどKO勝ちになりました。KO勝ちと判定勝ちは全然違って、4階級でチャンピオンを全部KOしたというのも今までにない記録だと思うので、今日の試合でKOしたというのは、本当に大きい意味のある試合だったと思います」とKO勝利したことの凄さを語った。

「(ポール・)バトラー戦でもKOしたのも、判定勝ちとKOしたのは全然違うんですけど、今回はそれ以上。フルトンをKOしたのは、すごく大きい試合だったと思います」とした。

 最後に「4団体統一、試合に向けて動き出したいと思います」と宣言した。

タパレス(左)と井上(右)が対面

 今回の試合には、現WBAスーパー・IBF世界スーパーバンタム級統一王者のマーロン・タパレス(31=フィリピン)が観戦に訪れていた。
 タパレスは試合後のリングに上がると「自分がチャンピオンであることを証明したいので、井上尚弥選手とぜひ試合がしたい」とコメント、井上が「今年中に2つのベルトを懸けて戦いましょう」とうながすと、笑顔で握手に応じていた。

 4団体統一戦は年内に実現するのか、その動向から目が離せない。

▶︎次ページは【動画】大橋会長が4団体統一戦を宣言

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・井上尚弥がフルトンを8回KO、S・バンタム2団体王者に

・井上尚弥、早くも2団体王者タパレスとの試合決定か「今年中に」4団体統一へ

・【結果】7.25 井上尚弥vsフルトンほか全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】7.30 スペンスvsクロフォードの4団体統一戦 生中継、放送、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧