TOP > 試合結果

【RISE】有松がダウンを奪い金子梓に勝利、森は4戦無敗で全KO勝利

2019/04/26(金)UP

連敗中の金子(右)はパンチで有松を追い込む

RISEクリエーション
「RISE EVOL.3」
2019年4月26日(金)東京・新宿FACE

▼メインイベント バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
○有松 朝(28=リアルディール/同級7位)
判定3-0 ※三者とも29-28
●金子 梓(24=新宿レフティージム/スーパーフライ級1位)

 有松は長くRISEランキングに名を連ね、那須川天心、村越優汰、優吾といったRISEトップファイターとの対戦経験も豊富なベテラン。今年1月には『BOUT』でRISEバンタム級9位の拓也に判定負けしており、今回が再起戦となる。

 金子は空手とレスリングをバックボーンに持ち、フィジカルの強さと連打で対戦相手を圧倒するアグレッシブなファイトスタイルを持つ。プロデビュー後8戦全勝だったが、昨年11月の初代スーパーフライ級王座決定戦で田丸辰に敗北。続いて今年2月に第4代Krushスーパー・バンタム級王者・堀尾竜司に判定負け。2連敗を喫し、今回の一戦に再浮上をかける。

 試合は1Rから有松は距離を詰め左フック、左ボディを打ち分ける。2Rになると有松がプレッシャーをかけて金子をコーナーにつめ、右に合わせた左フックでダウンを奪う。再開後、金子は起死回生を狙った左右のアッパーで有松のアゴが跳ね上げる。中盤以降は金子が手数で圧倒。

 3R、中間距離での打ち合いだが、金子が長いストレートで距離を制する。動きの止まった有松に金子の左ハイキックが2度ヒットするが浅い。有松は単発でパンチを返していくが、金子は左フック、左右アッパーで反撃。バックスピン、組んでヒザと多彩な攻撃で金子を追い上げる。

一瞬のスキを突き勝利をものにした有松

 中盤以降は金子のペースだったが、2Rのダウンが響いたかジャッジが三者とも28-29で有松を支持した。

 再起を果たした有松は試合後のマイクで「出来はよくなかったけど、試合面白かったですか?」と観客に呼びかけ、「試合前はみんな怖いけど、みなさんがいるから戦えます。だから声援を飛ばしてください」と訴えかけた。

 金子はこれで8連勝から一転、悪夢の3連敗となった。


森は圧力をかけパワーある攻撃で今回もKO勝利した

▼第6試合 スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
○森香津眞(23=チームドラゴン/同級6位、2018年RISING ROOKIES CUPスーパーライト級優勝)
KO 2R0分48秒 ※左フック
●吉田 敢(27=BRING IT ONパラエストラAKK)

森(右)の重いパンチが吉田を追い込む

 森は大学3年のとき『K-1カレッジ2016』の-65kgの決勝でKOで優勝すると、プロデビュー後はRISEの新人王トーナメントである『2018年RISING ROOKIES CUP』スーパーライト級を制するなど3連勝(3KO)中、全て1RKO決着と勢いに乗る。対する吉田はここまで連敗中だが、ジムを「BRING IT ON パラエストラ AKK」に移籍したことをきっかけに再起を図る。

 1R、吉田は左右前蹴りで距離を取るが、森は左ジャブから右ローで圧力をかけ前進。左フックに合わせた森の右ボディストレートが何度もヒットし、吉田の足を止める。

 2R、吉田は距離を保ちながらパンチからローを返しペースを作りかけるが、森は右ローを放ちながら前進。ワンツーから右テンカオでプレシャーをかける。吉田が後退したところに振るった森の左フックがクリーンヒットし、吉田がニュートラルコーナーに崩れ落ちたところで即座にレフェリーがストップをかけた。

 森はこれでデビューから4連勝で全KO。「ランカー全員倒してチャンピオンになるのでよろしく!」と、現在空位になっているRISEスーパーライト級のベルト獲りを宣言した。

▶︎次ページはセミファイナル(第7試合)他、全結果

●編集部オススメ

・金子梓を「ドーンと壊します!」激戦予感させる有松の自信

・8連勝から一転連敗の金子梓「もうこれ以上負けられない」

・“ミスターRISE”裕樹が王者・白鳥大珠を苦しめたサンチアゴと対戦

・梅野源治が準決勝前に韓国王者と対決、原口健飛はEXマッチで戦ったばかりの北井智大と”再戦”

・ラウンドガールにFカップグラドルら新メンバー加わる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果