TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】”モンスター”井上尚弥いとこ・浩樹が初防衛、3度のダウン奪いTKO勝利

2019/07/02(火)UP

井上は右ジャブ、右ストレート、右フックを多用しつつ、左ストレートに繋げるTKO勝利を飾った

 7月1日、後楽園ホールにおいてボクシング日本スーパーライト級タイトルマッチが行われ、王者・井上浩樹(27=大橋)が同級8位・池田竜司(24=竹原慎二&畑山隆則)を5R34秒、TKOで下し初防衛に成功した。

 井上のセコンドにはいとこである世界WBA&IBFバンタム級王者の井上尚弥(26)、WBCバンタム級暫定王者の井上拓真(23)がつく。

3R、池田(左)の右に苦しむ浩樹

 1R、サウスポーの井上は右ジャブを何度もヒットさせると2Rで得意の左ストレートでダウンを奪う。

 しかし3回から池田の右ストレートに苦しみやや失速するも、池田の勢いよく前に出た右ストレートに合わせ右フックをカウンターでヒットさせ2度目のダウンを奪う。

最後の左ストレートが決まりレフェリーが試合を止めた

 そして5R、開始早々、井上の左ストレートが池田の顔面にクリーンヒット。グラついた池田にさらに左ストレートをヒットさせコーナーに追いつめる。続けて左ストレートで池田の顎が流れると、最後は打ち下ろし気味の左ストレートで池田が下を向いた瞬間にレフェリーが試合を止めた。左ストレート4連打での快心のTKO勝利だった。井上は前手となる右ジャブ、右ストレート、右フックを多用しつつ、左ストレートに繋げる試合展開だった。

 勝った井上は「序盤は良かったと思うんですが、そこからの流れに課題が残っているので、これからもっと強くなれると思います。前回よりはちょっとは良くなったと思ってもらえたら嬉しい」と答えた。

 前回の試合とは今年4月の細川バレンタイン(角海老宝石)戦。判定勝ちして新王者となったが、接戦に「このままじゃ見た人は絶対世界チャンピオンになれないと思うのですぐに練習を再開する」と答えていた。 
 井上は今回のTKO勝利に「試合重ねるごとにもっと良くなって、ゆくゆくは世界を狙えるようにもっと頑張りたいと思います。」と意気込んだ。井上は無敗記録を重ね、戦績を14戦14勝11KO無敗とした。

●編集部オススメ

・尚弥のいとこ 井上浩樹が日本王座奪取、世界を意識「すぐ練習再開する」

・尚弥いとこ、アニオタ井上浩樹の王座獲得にアニメ関係者ら祝福

・WBSS代表、井上尚弥を「ここ2試合の世界戦で182秒しか戦っていない、凄くないか!?」

・井上尚弥弟・拓真が完勝で暫定王座獲得

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧