TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】20歳の馬渡亮太がヒザで差をつけ三冠達成、モトヤスックはNJKF交流戦にKO勝ち

2021/01/10(日)UP

ジャパンキックボクシング協会
『「CHALLENGER1」 〜Beyond the limit〜』
2021年1月10日(日)東京・後楽園ホール 

▼第5試合 70kg契約 3分3R
●光成(ジャパンキック ミドル級1位/ROCK ON)
判定0-3 ※29-30、28-30×2
○政斗(ジャパンキック ウェルター級1位/治政館)

パンチで攻勢の政斗(左)が勝利した

 ミドル級(-72.57kg)1位の光成とウェルター級(-66.68kg)1位の政斗70kgのキャッチウェイトで対戦。

 序盤から圧力をかけ積極的に攻める政斗、リーチのある光成の蹴りに合わせ政斗がパンチの連打で優勢に攻める。光成のパンチも度々被弾するが、勢いは止まらず、3Rには肘打ちを当てるなど始終攻勢に出て三者とも30-28と差とフルマークで政斗が勝利した。


▼第4試合 バンタム級 3分3R
●義由亜JSK(治政館)
判定0−3 ※28-29、28-30、27-29
○景悟(LEGEND)

▼第3試合 フライ級 3分3R
●空明(治政館)
KO 2R 2分50秒
○吏亜夢(ZERO/NJKF)

▼第2試合 55kg契約 3分3R
−西原茉生(チームチトク)
中止
−中島大翔(GET OVER)

1試合 55kg契約 33R
○樹(治政館)
TKO 1R 2分0秒
●猪野晃生(ZEEK

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】新春1月大会は元ラジャ王者・武田幸三プロデュース、若き二冠王・馬渡亮太がWMO王座に挑む

・【ジャパンキック】瀧澤博人が接戦制してWMO王座を戴冠、シラーが止まらぬ攻撃で完勝

・ぱんちゃん璃奈がスパー復帰「怪我15%回復」下半身、体幹が更に進化

・【年間最短KO】レベルス・KNOCK OUTでは鈴木千裕の31秒、期待のホープ龍聖も秒殺タイムで台頭(動画あり)=2020

・美女格闘家ぱんちゃん璃奈、新年に”雄叫び顔と迫力マッスルポーズ”果たしてその真意とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧