TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】20歳の馬渡亮太がヒザで差をつけ三冠達成、モトヤスックはNJKF交流戦にKO勝ち

2021/01/10(日)UP

馬渡がヒザ蹴りを突き刺す

ジャパンキックボクシング協会
『「CHALLENGER1」 〜Beyond the limit〜』
2021年1月10日(日)東京・後楽園ホール 

▼第8試合 メインイベント WMOインターナショナル・スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
○馬渡亮太(元泰国チェンマイスタジアム認定バンタム級王者・前ジャパンキック バンタム級王者/治政館)
判定3-0 ※49-48、49-47、49-48
●クン・ナムイサン・ショウブカイ(MAXムエタイ 55kg王者/タイ)
※馬渡が新王者に

馬渡は前蹴りで蹴り飛ばす

 メインイベントには前ジャパンキックバンタム級王者・馬渡亮太(治政館)と、MAXムエタイ55kg王者であるクン・ナムイサン・ショウブカイ(MAXムエタイ55kg王者タイ)が、タイを拠点とするムエタイ団体・WMO(世界ムエタイ機構)インターナショナル・スーパーバンタム級王座を争う。

 馬渡は、長くしなやかなミドルキックと殺傷力の高いヒジを武器とする20歳。2018年9月にタイ・チェンマイスタジアム認定バンタム級王座を獲得。2019年5月にはジャパンキック同級王座を獲得し、二冠を達成する飛躍を見せた。

クンは終盤にパンチで馬渡を下がらせる

 昨年8月に元WPMF世界スーパーバンタム級王者のダウサコン・モータッサナイとドロー。10月にはタイを主戦場とする和製ムエタイ・福田海斗にダウンを奪われる完敗を喫しており、強豪クンを迎える2021年の初戦に再起を期す。

 試合は1R、互いにローで牽制し合うがクンのローキックには重さが伺える。クンは離れた間合いから突然ボイディブローを放つなど少々トリッキーな動きだ。

3本目のベルトを巻いた馬渡

 2Rは組んでクンが馬渡を投げる。以降の組みで馬渡はヒザ、クンは肘打ちをヒットさせるが3Rになると組んでからの馬渡のヒザが何度もクンのボディを捉える。クンに精彩が失われて行く。スタミナを奪われたか。続いて馬渡はパンチでボディで攻める。

 4R、馬渡の右ミドルの連打で始まったが、クンはパンチを馬渡の顔面にヒットさせる。馬渡は2度クンをこかすも終盤は馬渡のミドル、ヒザにクンがパンチを当てる展開。

 最終5R、馬渡はヒザ、前蹴りでリード。何度もクンを前蹴りでロープに蹴り飛ばす。馬渡のフックもヒットし、クンは終盤にパンチで攻め馬渡を下がらせたが間も無く終了。判定3−0で馬渡が新王座についた。

▶︎次のページは王者モトヤスックがNJKF2位の野津にTKO勝利

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】新春1月大会は元ラジャ王者・武田幸三プロデュース、若き二冠王・馬渡亮太がWMO王座に挑む

・【ジャパンキック】瀧澤博人が接戦制してWMO王座を戴冠、シラーが止まらぬ攻撃で完勝

・ぱんちゃん璃奈がスパー復帰「怪我15%回復」下半身、体幹が更に進化

・【年間最短KO】レベルス・KNOCK OUTでは鈴木千裕の31秒、期待のホープ龍聖も秒殺タイムで台頭(動画あり)=2020

・美女格闘家ぱんちゃん璃奈、新年に”雄叫び顔と迫力マッスルポーズ”果たしてその真意とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧